作曲家/ピアニスト 武藤健城(イーガル)の公演情報などなど日々の白昼夢。


by takekiygalmuto

本を買うこと。

順調に週一以上の更新を続けている僕です、こんにちは。

先週末はライブ3日連続ご来場ありがとうございました。
明日と明後日は、

2017年1月27日(金)『蜂鳥スグル、イーガル、おどるなつこ』

開場18:00/開演19:00
予約2500円/当日3000円(共に1ドリンク別)
出演:蜂鳥スグル(シャンソン)、イーガル(ピアノ)、おどるなつこ(タップ)
浜松 エスケリータ



2017.1.28(土)蜂鳥スグル × イーガル × おどるなつこ
開場15:00/開演15:30

ライブチャージ:¥2,500(ドリンク別)

出演:蜂鳥スグル(シャンソン)、イーガル(ピアノ)、おどるなつこ(タップ)

ご予約:こちらのページに参加表明 or
    電話:ボクモ 052-253-6950(平日18:00以降)or
    メール: eventアットマーク(@に変換)bokumo.jp
    表題「蜂鳥スグルライブ」、
    人数とお名前と連絡先電話番号を添えて。


そして、さらに夜は、東京に帰ってきて、アマランスラウンジで緑川ミラノさんの誕生日いぇい!

要するに明日から土曜日、家に着くまで浜松、名古屋、渋谷と弾丸ツアーですね、そうですね。頑張ります。


いつもライブの告知をちゃんと書こうと思っているのに先に無駄なことばかり書いてしまうので
今日は先に告知を書きました。
大変よく出来ました。



ここから先はどうでもいいことを書いていこうと思います。
僕は本は買う派です。あんまり図書館で本を借りません。
別に本を借りることがいけないことだとは思わないのですが、
どこかにいる誰かが書いた物に対価を払うことをしたいと思うのです。
それは僕も作り手であるからかもしれませんが、それ以上に本が好きだからです。
それに、タダだと何かほら、まぁ読んでつまらなかったらそれでいいや的な心構え、
読む、という行為に対するワタクシの心の乱れが、嗚呼…。

ハインライン曰く「(読者は)一杯のビールを飲む金を節約して、私の小説を買ってくださるのだから、喜んでもらえるだけの内容じゃなくてはいけないと思う」

そういう気持ちで本を買っています。面白いか面白くないか、好みか好みじゃないかは賭けですが、
あー、こりゃビール飲めばよかったわー、という残念さも享受してこその読書人。ワタクシはそうありたいと思うわけです。

ってなわけで、家の中には本が溢れています。
相当整理しても、やっぱり買うから増えてきますね。
CDも買うから増えてきますね。
映画は見に行くから増えてきませんね。まぁお得!

僕は思うんです。
本の欠点。
終わりが近づいてくるとページ数が少なくなってくるから、
もうすぐ終わるな、と分かってしまうわけですね。
あらやだ、あと30ページくらいだけど、ここでどんでん返し来るの!?
とか、犯人見つかる!? このページ数でいけんのアンタ!
とあらぬ心配事に気を取られてしまいます。特にミステリの場合。

何で、ミステリ好きの人ってミステリーとは言わずにミステリって言うんでしょうね、疑問です。
僕は大してミステリは好きではないのですが、一応たくさん読んでます。
でもやっぱりSFが好きです。
そうだね、僕の好きなSFのことを今度書こうと決めた。


どうでもいいことを読んでくれてありがとう。
さらにどうでもいいけど、
映画見に行きたいよね、何かいい映画やってないかしら。
「ラ・ラ・ランド」見たいけどまだやってないですね。


ライアン・ゴズリング好きです。「ラースと、その彼女」がすごくいい映画でした。
知恵遅れの青年がダッチワイフを彼女だと思いこんで生活する素敵な村の話です。

「ラ・ラ・ランド」は何だかカラフルな車の上で踊ったり、歌ったり、楽しそうなので、
早く見たいです。
[PR]
by takekiygalmuto | 2017-01-26 20:57 | 日記