作曲家/ピアニスト 武藤健城(イーガル)の公演情報などなど日々の白昼夢。


by takekiygalmuto

家族の肖像

何だかブログ更新してないなぁ、とは思っていたんですが、
きっと忙しいから自分が思っているよりも最後のブログから日にちが経ってないと過信しておりましたすみません。
10日以上経ってましたね。


ということで、恒例の告知です。

2017年3月25日土曜日

Mar.25,2017

四谷三丁目 綜合藝術茶房喫茶茶会記

『闇夜の音楽綺譚』

19:00開場/19:30開演

3,000円(ドリンク代込み)

※入れ替えなし休憩ありの2ステージ構成です

あやちクローデル / うた

イーガル / ピアノ


何だかでかいですね、あやちのHPからコピペしたらでかくなりました。

ということで、今夜ですよ、真面目なあやちイーガルがお向かえいたしますので

気が向いたらきてください。気が向かなくても来てください。



さらに!


野佐怜奈がブルーヴァレンタインズ
「バイバイベイビーサヨナラ/お稽古暮らし」

release!! 2017年422日(土)


野佐怜奈がブルーヴァレンタインズ、ニューシングルがアナログレコード版でリリースされます。
僕はA面シングルの作詞作曲と演奏ちょろっとしてます。ワクワクだね。
ノリノリだけど切ないアッパー恋愛ソングになっております。



先週は、幹丸これりさん、若林圭子さん、そしてあやちイーガルの3マン、うつしおみwithイーガルで新体操の人たちの前でパフォーマンス、ケンケンさんの伴奏でソウルキッチン出演などなどなどなど、非常に忙しい週末を過ごしておりました。


そして何だか結構な頻度で最近映画館に行っているんですが、

新しいものでは、「ソードアートオンライン」劇場版、「ラ・ラ・ランド」「モアナと伝説の海」

デジタルリマスター版でヴィスコンティの「家族の肖像」を見ました。

この1ヶ月ちょっとで4本も映画館に行っているだなんてすごいね。


「ソードアートオンライン」通称SAO、だから竿、は、僕の大好きな仮想現実と現実世界のミクスチャーなSF的要素の強いアニメなのですが、テレビ版が大好きで映画もとても楽しかったです。

「ラ・ラ・ランド」は僕的にはちょっと期待はずれな雰囲気でした。冒頭の渋滞してる車の列でのミュージカル感大好きなんですが、それ以降はふむふむ、という雰囲気でした。

大体、ガチのドジャズフリークでピアニストの設定の主人公の男が弾くオリジナル曲がジャズではなくて40年代ミュージカル風の曲だったり、部屋のポスターがドジャズ好きではないような、そんな感じとか違和感が。

ちなみにドジャズとは、フュージョンとかではなくスタンダードジャズのいかにも古いジャズみたいなのを古いジャズみたいに演奏することを言います。はい。

そしてなんてったって「モアナと伝説の海」ですよ。

毎年ね、ディズニーのアニメは社会との接点として観てるわけですが、モアナやべぇぇぇ。

監督自ら公言しているように、「マッドマックス怒りのデスロード」へのオマージュが散りばめられております。

そうですよ、あのマッドマックスですよ。砂漠地帯で血みどろの鬼のような戦いが繰り広げられるあの名作。そのオマージュってどゆことよ。ディズニーがマッドマックス。

狂おしい。

全体的には平和ではあるんですが、ところどころかなりのバトルが繰り広げられます。

そしてめっちゃ怖い見た目の敵と戦ったりします。

久々にいいディズニーアニメ観ました。

狂おしい。

モアナ最強。


そして、ヴィスコンティの「家族の肖像」ですが、

これはイーガルが選ぶ名作洋画ベスト10、不動の1位を守り続ける大好きな映画なんです。

ちなみにですが他の9本は何かというと、ちょっと全然思い出せないんですけど、


1位 家族の肖像 ルキノ・ヴィスコンティ

2位 山猫 ルキノ・ヴィスコンティ

3位 インランド・エンパイア デヴィッド・リンチ

4位 家路 マノエル・ド・オリヴェイラ

5位 ゴスフォード・パーク ロバート・アルトマン

6位 ラテンアメリカ 光と影の詩 フェルナンド・E・ソラナス

7位 フィッツカラルド ヴェルナー・ヘルツォーク

8位 ピアノ・レッスン ジェーン・カンピオン

9位 ブロードウェイと銃弾 ウッディ・アレン

10位 シティ・オブ・ゴッド フェルナンド・メイレレス

11位 クーリンチェ少年殺人事件 エドワード・ヤン


みたいな雰囲気で以前どこかに書かせていただいたような気がしますが、何だか古い映画が入ってないし、11本あるし、多分間違ってますね。多分、7位くらいまでは合ってます。好きな映画って思い出そうとするとなかなか思い出せないのね、何で。

まぁいいや、ということでデジタルリマスターされた「家族の肖像」を岩波ホールで観て参りました。

相変わらずの日本語字幕の誤訳の多さに少し残念な気持ちにはなるんですが、圧倒的に素敵でした。

舞台はイタリアですね。

お金持ちの教授がアパートメントに住んでいて、そこに何だか意味の分からないガサツな新興成金らしき女性が来ます。

そして、自分の子供と子供の取り巻き、さらには自分の愛人の若い男を連れてきて、教授の持っている上の部屋を貸してくれ、と言うわけです。

教授はインテリで、そして場を壊す、ということを大変嫌がる人です。やってきた四人組はと言えば、これはもう場を壊すどころの騒ぎではなく、どーしたって迷惑な人たちなんですが、なんやかんやで上に住むことになるんですね。

この下品な女性をシルビーナ・マンガーノが演じ、彼女の愛人役をヘルムート・バーガーが演じております。

ふたりとも下品な役をしているのにそこにある気品と人を惹きつける魅力、何故か嫌な人たちなのに愛情を持った目で観られてしまうのです。


この映画で描かれるもの、それは、

教養の差、文化度の差、知識の差、階級の差、

それらを差別的な目ではなく、明らかな人間の差として真正面に捉えた上で、それでも人は人を愛せるのか、そして家族として迎え入れることができるのか、というようなことだと僕は思っています。

人はそれぞれ違う、優劣があって当然だと思います。

人は平等だと子供に教えることは何か真実から目をそむけていることのように思えてなりません。

別に金子みすゞが好きではないんですが

「みんなちがって、みんないい」

的な。


いや、違うな。半分は同意します。

みんなちがって、は同意しますが、みんないい、は、他にも言い換えられるように思います。


みんなちがって、みんなだめ。

みんなちがって、ひとりいい。

みんなちがって、俺以外いい。


とか何だとか、色々あるとは思うんですが、

とにかく、生まれた環境が違えば、育った環境が違えば、自ずと違う個性の人間が育つわけですね。

そのバックグラウンドを考慮せずに、みな平等、というのはなかなか難しいと思います。

もちろん、法的な平等性の話をしているわけではなくて、人間としての平等性のことです。ルソーの人間不平等起源論の話じゃありません。

「家族の肖像」は、そういう明らかな差異のある環境で育った異分子同士が、異分子のまま、

お互いを尊重しようと足掻く映画です。

成功しているのかしていないのか、分からないけれど、彼らは自分たちの差を認識しつつ愛そうとします。そして、人間の持って生まれた差異というものを

真っ向から捉えています。

そういう視線、本当に美しいと思います。

ということで僕はこの映画が大好きなわけです。



さてさて、次のブログは好きな日本映画のことを書こうかなとか何とか思っていて、きっと何も思い出せないから、

これから思い出す作業に入ります。瞑想。





あ。

ちなみに、最近、人狼ゲームというものを覚えました。こないだ朝までやってしまいました。

人数が何人もいないと出来ないんですが、めちゃくちゃ楽しい。

うん、またやりたいな。

お前、人狼だろ!  って言いたい!







[PR]
by takekiygalmuto | 2017-03-25 15:24 | 日記