作曲家/ピアニスト 武藤健城(イーガル)の公演情報などなど日々の白昼夢。


by takekiygalmuto

次に読む本を選ぶ時

こんにちは、イーガルです。
もうなんだか忙しすぎて、出演情報等も更新全然していないのですが

次のライブは

2017年6月30日(金)
闇夜の音楽綺譚
19:00 開場 19:30 開演
四谷三丁目 総合藝術喫茶茶会記
3000円
あやちクローデル×イーガル

ワンマンです。
あやちのHPに30日(土)とありますが、金曜日の間違いです。
曜日を間違いがちな我らですが頑張ります。



さて、こんなにニッチなブログにも関わらず、読者の方がいるようで
何やら質問を受けたりします。びっくりしました。ごめんなさい。

どうやって読む本を決めてるんですか。

と聞かれました。

はて。どうやって決めているのでしょう。

以前にも書いたような書かなかったような曖昧な記憶しかないのですが
僕は小学校一年生から六年生まで年間100冊読むという学校の方針をめでたく守ってしまった結果、
現在に至るまで年間100冊以下の読書量になったことがないのです。
つまり、まぁ3000冊以上のデータベースがあるわけです。
何となく読みたい本の雰囲気があるとすれば、
ある程度大きい分母を持ったデータベースの中から情報をひっぱり出してくるのが
早いのではないかと思うわけです。

僕の頭の中のデータベースを書いてみたいと思います。

まずは、ジャンル分け。

概ね、自分の興味のある分野は分かっているので、まず
フィクション、ノンフィクションに分けます。
そして、
日本、ヨーロッパ、アメリカ、アジアに分けます。

ここで8通りの結果になりましたね。世界中の本のうち自分が読みたいものは1/8になったわけです。
さらに

フィクションは

純文学
大衆文学
SF
ミステリ
ヌーヴォーロマン
幻想文学

くらいに大雑把に分けています。もうこのへんは趣味の世界ですね。

ノンフィクションは

紀行文
日記
哲学
思想
評論
伝記
学術書
歴史
社会学
建築

とかに分けています。もうこのへんは趣味の世界ですね。

さらに、

ひとつひとつのジャンルの中から更に細分化されたジャンルに分けていきます。

手っ取り早くいけば、
まず、何かSF読みたいな、と思ったら、どこの国がいいかな、と考えます。
ある程度の数を読んでいくと、国や年代によって傾向が分かってきたりします。

アメリカの硬派なSF読みたいな、と考えたら

フィクション→アメリカ→SFまで来ております。
SFのジャンルを考えると
スペースオペラ
タイムトラベル
サイバーパンク
デストピア
社会派
未知との遭遇
火星もの
ニューウェーブ
戦争もの
歴史改変
異世界
などなど、枚挙に暇がないわけですが、
どうも、硬派なSFならニューウェーブかなぁ、とか当たりをつけて、それならハーラン・エリスンあたりが…
おぉ、何か文庫本新刊が出てる!これだ!

とかって言う風に本を選んでおります。

哲学なんかは簡単ですね。
その人の哲学が気になれば、その源流に何があるのか、そしてその人の影響を受けた人は誰なのか、
さらにその人を批判しているのは誰なのか、
それさえ分かれば何とかなります。

あとは、何となく、
文庫本に関して言えば、出版社別に色があるというか、もちろん、同じ作家が色々な出版社から出しているわけですが、
何となくですよ、何となく色分けがあるとは思ってます。

岩波文庫は冒険の少ない安定の古典中心
新潮文庫は冒険の少ない安定の近現代中心
河出文庫はちょっとニッチな小説が多く
講談社文庫はエンタメでミステリが多く
ハヤカワはSFの充実が素晴らしい
中公文庫はハズレが少なく
チャレンジングな気持ちで新書にレッツゴー。

とか何とか、これは個人の意見ですが、僕はこういう感じで、何となくこんな風なものが読みたい、と思ったときは、
自分の中のデータベースと、出版社別の傾向を考えながら当たりをつけてたりします。

さて、これはもう、本を読まなければいけない、という強迫観念の中で本を選ぶときのことでございまして、
普段でしたら、本を読んでいるとその中に別の本との類似性や関連性、影響を受けたものが透けてみえてくるものです。
これも頭のデータベースの量に依存するのかもしれませんが、
そうではなくても簡単に次の本を選び取ることはできると思います。

例えば、今読んでいる本が面白ければ、その作家の違う本を読むだとか、本の内容と扱っているジャンルが近いものを選ぶだとか、
無数に次の本へと進む手段はあるわけです。
要は、考えろ。と。
一体、自分はこの本の何がどのようにどうして好きだと思えたのか。それがわかれば、
次へ進む道は開けているのではないでしょうか。

何だか偉そうだな、僕。すいません。


例えば今月の読書、どんな道筋だったか記憶にある限り書いてみますと

SFを読んでいて、ちょっと息抜きに見た魔法少女まどか☆マギカから、あれー、そういえば
宇野常寛の「ゼロ年代の想像力」の補足に出てたっけな、とか思いながら再読。
あまりの東浩紀批判に何だかよくわからなくなって
東浩紀の「動物化するポストモダン」と「ゲーム的リアリズムの誕生」を読んで、
社会のデータベース化、小さな物語のことなどを考えたりしているうちに、
宇野さん、東さんが引用している小説を幾つか読んで、面白かったり面白くなかったりしながら、
最終的に友達から借りパク気味に放置されていた東浩紀の「セカイからもっと近くに」を読みました。
これは、セカイ系と呼ばれる小説からの脱却の方法を色々な作家やアニメーター、漫画家の作品に照らし合わせて
提示するというやつでした。
何だか、人が人のことを話してるのって面白いな、と思って、久しぶりに何か対談を読もうと
西尾維新が様々な人と対談した「本題」を読みました。一人の人以外の対談は大変面白かったです。
苦手だった一人の人は、やっぱり苦手でした。

んで、「セカイからもっと近くに」と西尾維新を代表とするようなラノベの両方の脳みそになった僕は、
折衷案的な森博嗣の「スカイ・クロラ」シリーズ5冊を読み始めたわけです。
でも、5冊一気に読むのも何だかなぁ、と1冊終わる毎に一応物語は簡潔しているので他の小説を読んでみました。
間に挟んだのは、田中哲弥の「大久保町は燃えているか」。
これはバカSFというか単なるコメディーというか…ストイックなスカイ・クロラシリーズと対極のものを、と思いまして
読みました。
それから、舞城王太郎をちょっと挟んで、スカイ・クロラ三冊目を読了。
ここでストイック過ぎるスカイ・クロラとは違う飛行機ものを読もうと、ラノベの王道
犬村小六の「とある飛行士への追憶」を読んでセンチメンタル全開になった勢いでスカイ・クロラ4,5冊めを読了。
いまここ。

さて、次に何を読もうか、と僕はまた頭の中のデータベースと交信をし始めるのでした…。


[PR]
by takekiygalmuto | 2017-06-29 15:41 | 日記