作曲家/ピアニスト 武藤健城(イーガル)の公演情報などなど日々の白昼夢。


by takekiygalmuto

<   2006年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

7月30日(日)の渋谷アップルストアでのライブ、
修正事項があります。

お昼の12時からと書いていたのですが、
何とっ!
13時からでした。。。w

多分、1時間くらいのライブになります。


今日、午前中にリハーサルをしました。


大まかな曲目が出ました。

キーボード、チェロ、プサルタの音色もかなり良く溶け合うし、
弾いていて楽しい!
これは、素敵なライブになりそうだぞーぅ。と思っています。


曲目。
YMO「東風」
ミキサカタ「Miracle」
武藤健城「木星の岸辺」「電話からの花束」
J・S・バッハ「無伴奏チェロ組曲第一番」より
グノー「アヴェ・マリア」
等など。


宜しくお願いいたしまっす!




イーガル
[PR]
by takekiygalmuto | 2006-07-27 17:26 | 日記
前から、しつこく言っている、渋谷Apple Storeでのライブ、詳細が大体決まりました。


7月30日(日) 昼12:00~
渋谷Apple Store イベントスペース

出演:ミキサカタ(キーボード、プサルタ)、イーガル(キーボード)、ロビン(チェロ)

入場無料


僕とミキサカタは「Scarab」というピアノデュオをやっているのです。が、何と、ミキちゃんは、ピアノと共に、プサルタというギリシャの古典楽器のスペシャリストとして、たくさん色々なレコーディングもしてマス。
ということで、今回は、ミキちゃんのプサルタをメインに、キーボード、チェロでの、クラシックからフリージャズ、インプロビゼーション。。。と、たくさん色々なことをしたいと思っています。
ライブは1時間程度、無料なので、お気軽に、
近くでフラフラしている際は、ぜひともお立ち寄り下さい☆


それから、8月12日のイベントは、何とー
イベントの都合上、今回は僕たちでないことになりました(T_T) 
残念だなーぁ。
むぅぅ。
と思いつつも、まぁ、いっか☆


☆☆☆

「2台のピアノと2人のパーカッショニストのためのソナタ」(仮)の初演が、
来年4月13日に大泉学園のゆめりあで行われることが決まりました☆
もぅ初演日が決まってしまったので、書き上げないとマズいです。
がんばらねばぁ。
それから、4月後半にもう一つ、
千葉県の市川市で、4月23日にコンサートをします。
このコンサートは、自閉症の子供たちとその親のためのコンサートで、
もちろん一般の人の入場も可能なのですが、
自閉症の子供たちや、とくにその親が楽しめるようなコンサートをしよう、と考えています。
現在、音楽、朗読、ダンスを入れた適度に物語性を持った舞台作品を考えています。

来月頭くらいから打ち合わせが始まるので、
楽しみ楽しみ☆


☆☆☆


先週の土曜日に、森栄喜君の写真展「A Perfect Morning」に行ってきた。
彼は、「Aera」とか「ダヴィンチ」とか、色々な雑誌に写真を掲載している、若手ですごく頑張っている写真家です。
彼の撮る男性ポートレイトの優しい表情、すごく素敵でした。

もぅ、これからもどんどん活躍してくであろう栄喜君っ
すごいなーぁ、と関心しまくりです☆

やっぱり、同年代で、違う分野だとしても芸術の世界で活躍している友達を見ていると、
自分も頑張らなきゃな、と思う。
素敵な写真展だった。
30日まで京橋のギャラリーでやっているので、
もしお暇なら行ってみてくださいな☆


イーガル
[PR]
by takekiygalmuto | 2006-07-25 18:20 | 日記

作曲をするときに

米原万里さんの『不実な美女か 貞淑な醜女(ブス)か』という本を今、読んでいる。
米原さんは、最近亡くなった超ド級に素晴らしいロシア語の通訳者で、そして、エッセイスト、小説家(「オリガ・モリソヴナの反語法」という素敵な名前の小説が本当に素敵すぎて素敵。)で、彼女が、通訳とはどのような仕事か、を書いたエッセイです。

僕は、音楽業の片手間に、時々通訳をやっているのだけれど、
本当に良く判る。自分たちが何をしているのか、ということを明確に書いてくれていて、
納得することばかり。

その中に、通訳の作業の要約として、

「ちょうどジェットコースターに乗って、徐々に高所に登っていく時に感じる後悔と恐怖の念に似ている。それでもやめられないのは、急勾配を猛スピードで下っていく時にも似た、恐怖と快感がないまぜになった気分と、終わったときの爽快な開放感と安堵感のせいね。」

という、ある通訳者の談を引いている。
本当にそう思う。

そして、この言葉は、(僕が作曲家という職業を生業としていることで、やや贔屓目な自分勝手な意見ではあるが)作曲にも当てはまるような気がした。


今書いている『二台のピアノと二人のパーカッショニストのためのソナタ』(仮)の、第一楽章が8割方、第2楽章の主題が出来上がった。
その作業の中で、常に思うのは、もしも自分が自分の書いた曲の100%を把握していたら、そこには奏者に委ねる「解釈の余地」を残せずに、収まった作品になってしまう。
しかし、もしも自分の曲を10%しか把握していないのならば、曲は方向性を失い、崩壊してしまう。
つまり、作曲者は、80%程度自分の曲を理解して、あとは感性に任せてどんどん進ませてしまえばよいのではないか。

そんなことを考えながら作曲をしている。
その作業は、常に不安で、ここにある音楽を僕が把握しているのか、していないのか、、、分からないまま、どんどん急勾配の坂を上ってゆく。主題が出来上がり、そこから一気に曲の終わり目掛けて駆け下りてゆく。
一度動き出してしまえば、もう止まれない。
坂道を走り始めてしまえば、そのまま惰性で走り続けられるけれども、どこかで転んでしまう。
その恐怖とスレスレのところで、
常に曲を書かねばならない。

何てスリリングなことをしているんだろう。。。。

と、自分でもヒヤヒヤしながら、
それでもいい曲になることを信じて、
書き進めています。
8月末くらいまでには完成予定です。(コンサートは来年4月です☆)



たけき
[PR]
by takekiygalmuto | 2006-07-18 20:40 | 日記

ライブなどを。

すっかり梅雨で、毎日、髪の毛がクルクルしていて、
ちょっとダルいです。

最近は、少しずつ、夏以降の公演の打ち合わせが始まり、
フライヤーやらプログラムやら、
曲目やら色々決めなければいけなくて、少し大変。

11月に行われるコンサートに一曲、ピアノソロ曲で委嘱を受けているので、
書かなければ。
もう一つ、4月初旬に行われるコンサートには、
2台のピアノとパーカッションのためのソナタ(バルトークの同名曲と同じコンサートで初演されるという、かなりかなりプレッシャーな1曲っ!)を書いている。
こちらの曲の方が、意外と進行状況が良くて、僕としても感触が良い☆


7月30日の渋谷アップルストアのライブは、昼の12時からです。
本日、やや遅めながら、出演者全員で話し合い。
というか、大体、べちゃべちゃお話してるだけで終わってしまうが、
内容は決まった。

ある程度、かっちりした曲を2-3曲と、他には、インプロヴィゼーションということになりそうです。
出演者は、僕(イーガル)とミキサカタの「Scarab」に素敵なフランス人チェリストRobin君が出てくれます。
今日は三人でお茶をしながら、大まかなアウトラインがさっさと決まった。


もう一つ。
8月12日、麻布十番で19-22時、
『Midsummer Night's Dream』
というイベントに出演しそうです。(ていうかします。)
このイベントは、かなり70年代ムードムンムンな、
ビジュアルアートとか音楽とかヨガとかが一緒くたになったような、ポップなイベントになりそうです。
まだまだ詳細は良く判っていないのですが、
分かり次第、また書きます☆


さらに。
8月のどっかの月か木に、六本木ヒルズのどっかでライブをするのではないか、という全く不明瞭な話があるので、
出来たらいいなぁ、と思ってウキウキしてます。


☆☆☆

プライベートな出来事はー。
あんまないなぁ。
モンテカルロバレエの『夢 Le Songe』を見に行きました。
素敵だった。

あと、本日は行く先々で間違えた傘を持って帰ってきてしまい、
しかも段々いいかさになってきたのです。
ビニール傘からわらしべ長者!
うひひっ。


今週も何かと忙しい日々が続きそうです。
髪の毛クルクルなりながら頑張ります☆


たけき
[PR]
by takekiygalmuto | 2006-07-18 00:49 | 日記

ブログ引越しました。

イーガルです、こんちわ。


ブログ引越しました。


前のブログは↓

これです☆


前のブログからちょっとだけ記事をお引越ししてみた。

これからもちびちび書きます。


宜しくです。




蒸し暑い7月の真夜中。
イーガル
[PR]
by takekiygalmuto | 2006-07-09 03:57 | 日記