作曲家/ピアニスト 武藤健城(イーガル)の公演情報などなど日々の白昼夢。


by takekiygalmuto

<   2007年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

第三回夜奏会。

第三回夜奏会
2007年11月29日(木)
ミノトール2
司会・歌/聖兒 武藤健城
ゲスト/マイア・バルー
ピアノ/板橋綾子


夜奏会テーマ曲(聖兒・健城)

酒場のパロール(健城)
小さなカンタータ(健城)
秋の日(健城)
パリ・ウェリントン(健城)


僕が歌ったのは、以上5曲です♪


今回は、ピエール・バルーさんの娘、マイア・バルーさんがゲストで、すごく艶やかでカッコよかった。とにかく、見た目も声も色っぽい。同じステージにいるのに、ドキドキしてしまいます。

今回歌った4曲は、以前からずっと歌ってきてる曲もあるけれど、これからもきっと歌っていくんだろうな、って気持ちになった4曲でした。
相変わらず、オリジナル曲『酒場のパロール』が人気があるのは、素敵な作詞を友人がしてくれたからでしょう。

酒場の隅で石油が出たの
あなたという名の石油がでたの

って冒頭。どうやったら浮かんでくるんだってくらいすごいわけ分からん。
が、しかし、素敵なんですねー。
『酒場のパロール』のPVを作ろう、という企画が浮上してるんですが・・・。作ってみたい。笑
ものすっごいお金かけて、全世界でロケ敢行!みたいな。そして、B級な内容のものを。

何てことを言っておりますが、
次回の夜奏会は、

第四回『夜奏会』
produced by セイキシアター
12月21日(金)
場所:門仲天井ホール
http://www5f.biglobe.ne.jp/~monten/
時間:開場18:30 開演19:00
料金:3000円   前売:2700円
司会・歌:聖兒、武藤健城
ゲスト:シモーヌ深雪/小田切大

ゲスト:シモーヌ深雪【シモーヌフカユキ】
シャンソン歌手、ドラァグクィーン。関西を中心に、全国のライブハウスで活動を展開。ゴージャスにして妖艶な退廃的なステージと独自のスタンスにアプローチされたMCで観客を魅了する。雑誌媒体などでの映画や音楽に関するコラムの執筆や、様々なジャンルとのライブトークなども行う。現在のレギュラーは、毎月末に京都CLUB-METROで開催される「DIAMONDS ARE FOREVER」。そのパーティーではオーガナイザー兼パフォーマーを務めている。

小田切大【オダギリダイ】
ソウルバンド、新宿フォークのボーカリスト、ソングライター。日本大学藝術学部中退。東京都出身。2005年8月、新宿フォーク、アルバム「RAINBOWMAN」でメジャーデビュー。ゴスペル、ファンク、ソウルミュージックに影響を受けながらも、誰よりも和の文化を愛し、その作風、表現も徹底的に日本語にこだわっている。こだわっているというより、日本語しか喋れないのだから仕方がない。趣味は茶道。音楽活動のほかに、CMナレーターとしても活躍中。主な作品、日立製作所「日立の樹」、ピザーラ「厚切りベーコンとほうれん草のとろーり半熟たまご添え」他多数。

詳しくは、もうそろそろできるHPをご覧ください☆
[PR]
by takekiygalmuto | 2007-11-30 12:47 | 日記

第三回夜奏会

第三回『夜奏会』
produced by セイキシアター
11月29日(木)
場所:新宿 ミノトール2
http://www.mino-2.com/hp/index.htm
時間:開場19:00 開演19:30
料金:3000円(ワンドリンク付) 前売:2700円
司会・歌:聖兒、武藤健城
ゲスト:マイヤ

ゲスト:マイヤ
1983年、東京生まれ。日本とフランスの両国で育ち、アーティストの父のもと幼少より舞台を遊び場として過ごす。ブラジル漫遊中に聴いたフルートに感銘を受けフルート奏者を目指す。2002年、渋谷『青い部屋』でネオちんどん『かぼちゃ商会』と運命的な出会い。バンドのメンバーに入りたいがために急遽サックスを手にする。2003年には歌手深川和美と出会い、新ユニット『かずみとまや』を結成。1stアルバム『アミチエ』では唄、作曲、編曲を手がける。同時にシャンソン歌手のソワレと強力なブラスが加わったネオちんどんバンド『ちんどんブラス金魚』のメンバーとなる。ツアー先の奄美大島で聴いた島唄に衝撃を受け、多くの地元ミュージシャンと交流を持つ様になる。フランスではアフリカミュージシャンとのセッションと劇団『Aleph』の一員として活動。2006年からは日本の個性的なミュージシャンをフランスに紹介するイベント『CABARET SHINJUKU』を主催。


マイヤは、シャバダバダ、シャバダバダな『男と女』で有名なピエール・バルーの娘なのです。そして、マイヤ自身もカッコいい。今年から、遂に本格的に歌い始めました。そんなこんなで、第三回もどうしようもなく素敵な夜奏会になりそうです。
是非ともお越しください~。
僕も聖兒君も、今回はピエールさんの曲を歌います・・・。ドキドキする。
[PR]
by takekiygalmuto | 2007-11-19 23:34 | 日記

京都・大阪後記

京都公演
2007年11月9日(金)
京都・パーカーハウスロール
司会/歌・聖兒 武藤健城
ゲスト・シモーヌ深雪
ピアノ・板橋綾子

第一部

夜奏会テーマ曲(聖兒・健城)

小さな空(健城)
メケメケ(健城)
雨傘(健城)
酒場のパロール(健城)

第二部

死んだ男の残したものは(健城)
秋の日(健城)

アンコール

夜奏会テーマ曲(聖兒・健城)


☆☆☆


大阪公演
2007年11月10日(土)
大阪・ベロニカ京橋
司会/歌・聖兒 武藤健城
ゲスト・友部裕子
ピアノ・板橋綾子

第一部

夜奏会テーマ曲(聖兒・健城)

小さな空(健城)
野ばら(健城)
My ship(健城)

第二部

ブン(健城)
落葉(健城)


僕が歌った歌は上の通りです。
京都のパーカーロールハウスでは、ゲストはシモーヌ深雪さん。
何て素敵なんでしょう・・・。
20年以上前に日本で初めてドラァグクィーンとしてデビューしたうちの一人。日本のドラァグクィーンの第一人者といって過言ではない人。シモーヌさんのステージは、かなり素敵でした。
「シモーヌ深雪さんです!」とステージに呼び込むと、全身が黒のタイツみたいなものに覆われていて、顔も全く見えない。しかも、口のところに何かシャンデリアみたいな飾りがジャラジャラついている。辛うじて、胸が強調され、女の体独特のしなやかな体のフォルムがあるものの、顔を見ただけではドラァグクィーンには見えない。それにも関わらず、何か、女装、というか、女の格好をする、という域を超えた女のデフォルメ。
それは後半の衣装でも同じことが言えた。前半に比べれば、顔は見えているのだけれど、女になる、というタイプのドラァグではなく、女という要素を使ったオブジェ、という感じになる。
そして、そんな格好で歌を歌う。しかもシャンソンのスタンダードを歌う。
違和感バリバリである。何で、こんな格好で、こんなシャンソン・・・、と最初戸惑うけれど、見ているうちにそれが自然に見え、どうねじ伏せられたのか、その違和感が無くなっていく。
絶対に「不自然な状況」であるはずのものが、素敵なもの、これで正しい。これを見たい! という気持ちになってくる。
その凄さがシモーヌさんなんだなァ、と思いました。


大阪公演は、とにかくハコ、ベロニカ京橋がものすごく素敵な場所でした。
そして、その場所で素敵な御飯を食べて、お酒を飲んで、音楽を聞く。そういう場所でした。
友部裕子さんは、クルト・ワイルの「セーヌ哀歌」「ユーカリ」「人生は一度」など、シャルル・トレネの「風変わりな庭」や友部さん自身が作曲したミヒャエル・エンデの「紙の悲劇」など・・・。
どの曲も素晴らしい。特に久しぶりに「ユーカリ」が聴けたのは本当に良かった。
何でこの人はこんなに素敵なんだろう、と思う。歌も素敵、身のこなしも素敵。美しい高音も素敵だけれど、低いところで歌う艶っぽく、言葉のはっきりと聞こえる音域での歌いまわしが本当に素敵だった。そしてどの曲にも、そうそう!と思わせる説得力がある。
シモーヌさんの違和感がいつの間にか無くなっていくステージの凄さ、というのとはまた違う、最初から違和感の無いステージを納得させていく力。
本当に京都、大阪、とステージパフォーマンスの凄さを見、すごく勉強になりました。


って、僕の歌のことを全く書きませんでしたが、僕の歌ったものでは「酒場のパロール」が人気でした☆


さぁー、次は東京です!
[PR]
by takekiygalmuto | 2007-11-15 17:58 | 日記

関西行きます。

『夜奏会 京都特別公演』
produced by セイキシアター
11月9日(金)
場所:京都 パーカーハウスロール
http://www.a-commit.com/parker/
時間:開場19:00 開演19:30
料金:2600円(ワンドリンク付)当日 3000円
司会・歌:聖兒、武藤健城
ゲスト:シモーヌ深雪

予約:パーカーハウスロール(075-352-8042)
京都市烏丸通り松原通り下が る東側メンバーズゴルフビルB1)




『夜奏会 大阪特別公演』
produced by セイキシアター
11月10日(土)
場所:大阪 ベロニカ京橋
http://www.beronica.jp/index.html
時間:開場18:00 開演19:00(予定)
料金:2500円(飲食代別途) 当日 3000円
司会・歌:聖兒、武藤健城
ゲスト:友部裕子

予約:チケットぴあ、イープラスで発売中です。

ということで、今回の関西ツアー、頑張ります☆
しかも、僕、京都公演と大阪公演、全曲違う歌を歌うという大変ヘビーなことをします♪
[PR]
by takekiygalmuto | 2007-11-07 14:03 | 日記
新宿のゴールデン街というところは、昔からたくさんの文化人や、芸術家、自称文化人や自称芸術家に溢れかえっていた。
今でも、ゴールデン街は時代の流れにも左右されず、相変わらず、昔ながらの店構えの、昔ながらの店が並ぶ。
そのゴールデン街に1ヶ月ほど前に新しくオープンした「夜間飛行」という店。この店は「桂」というゴールデン街の老舗があった場所に新しくオープンした店で、
オーナーは、歌謡曲歌手のギャランティーク和恵さん。
素敵な人で、そして、素敵なお店です。

何と、僕はそのお店で、水曜日だけ働くことになりました。
再来週くらいからは毎週お店にいると思います☆
クラシックの古いレコードをかけてお待ちしております。
クラシックや現代音楽の話、映画の話、文学の話、歌謡曲の話・・・etc
来るお客さんも様々で色々な話が聞けて、楽しいです。
てことで、皆様来てくださいな。

そして、ギャランティーク和恵リサイタルがございます。
来る11月21日にCDデビューを果たす和恵ちゃん。
ホントに素敵な曲を歌います。
リサイタルに是非是非来てくださいねー♪


■2007.11.18(日)
--------------------------------------------------------------------------------
「ギャランティーク和恵リサイタル'07 青山通りBEAUTIFUL NIGHT」
 CAY @表参道

 <演奏>すみださとしとファンキーニューリズモ
 <ゲスト>ミッツ・マングローブ/メイリー・ムー(星屑スキャット)

--------------------------------------------------------------------------------
■open/18:00 start/19:00 close/22:00
■前売 \4,500 当日¥5,000
■後援/VIVID SOUND
■インターネット予約・詳細は、 ギャランティーク和恵HPにて。



そして、僕は、関西ツアーの準備中・・・。
歌詞を全部覚えきれるかっ! 頑張らねばっ
[PR]
by takekiygalmuto | 2007-11-02 01:50 | 日記