作曲家/ピアニスト 武藤健城(イーガル)の公演情報などなど日々の白昼夢。


by takekiygalmuto

<   2008年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

出会い

実力や運。
色々なことの偶然が重なって、色々なことが起きる。
僕は、音楽の仕事をしながらふと思うことは、今一緒に仕事をしている人たちに僕はどこで出会ったんだろう、ということ。

大抵、飲み屋だ。笑

そんな人生です。


学校の友達だったりではなくて、どこからか突然降って湧いたような出会い。


現在3月末あたりに僕の現代曲の新作を発表しようと、色々と準備中なんですが
そんな中、打ち合わせというか、お話をする、というか、
そういう機会があって、奏者の人と何だか長い間今日は話していた。


そして結論は、
実力や運もあるけれど、
やっぱり人脈って大切だよね、ということです。

ホントに大切だなー。そして、今仕事をしていたり出会ったり、色々なことがあるけれど、
人と人の繋がりの大切さは忘れちゃいけないな、と改めて思いました。
他にも色々話したことはあるけれど、人には言わずにそっと心の中にしまっておくことで糧になるのかな、とほくそ笑んだりして。


来週金曜日には尊敬するシャンソン歌手のソワレさんと、素敵な素敵な風間水希さんと日高恵さんの歌謡曲ユニット「セロンカプリス」、そして漫画家のさかもと未明さんも一緒にライブをやります。
一体全体どんな出会いで、どんな経緯でこのイベントをやることになったのか、思い出せませんー。でもきっと素敵な始まりだったんだろうなー、と改めて今回一緒に出演する人たちとの出会いを思い出したりしています。

リハーサルもして、何だか何だか、とにかく素敵なんです。
もーーーっ  お客として俺も行きたい!って思う素敵イベントになってますので、
是非ぜひ来てくださいな♪
[PR]
by takekiygalmuto | 2008-01-25 23:25 | 日記

東京ゴールデンタイム


お知らせ

『東京ゴールデンタイム』
at 渋谷7th floor
open 18:45 start 19:30
料金:2800円(前売)/3300円(当日)*共にドリンク別
出演 ソワレ、イーガル、セロンカプリス(風間水希&日高恵)
ゲスト さかもと未明
ピアノ:エトワール板橋 ベース:うのしょうじ パーカッション:藤崎拓也

噂のビッグイベント『東京ゴールデンタイム」が遂に始まります!
シャンソン歌手/河合奈保子研究家のソワレ、作曲家/歌手のイーガル、元松竹歌劇団トップの風間水希と女優日高恵による歌謡曲ユニット「セロンカプリス」を主要メンバーに、漫画家でワイドショーのコン麺テーターとしてもお馴染みのさかもと未明をゲストに迎えて華々しく幕が開く『東京ゴールデンタイムact.1』。歌謡曲ありシャンソンありジャズありの涙と笑いのバラエティー。
是非とも見に来てください。


とゆーことで、夜奏会の大人の雰囲気とは全く違う古き良き時代の歌謡ショーをやります。とにかく楽しいお祭り騒ぎに来て下さい♪

☆☆☆

さらに。
フェムエフェムという素敵なジャズバンドがあるんですが、
そのトロンボーン奏者の、そーへい君と僕で新ユニット「Salome」を始動します!
ピアノ+ヴォーカル=イーガル、トロンボーン+ヴォーカル=そーへい。
売れ線ポップスあり、ダークサイドな曲もあり、さらにインストでクラシックもやったり、オリジナルもやったり、何でもありでやってみます。
何てったって名前がサロメ。ヨカナーンの首を刈りに行ってきます♪
ライブは近々やってみちゃおうかな、と思ってます。
詳細は決まり次第、お知らせしますー。

ではでは。
まずは東京ゴールデンタイムにいらっしゃって!
[PR]
by takekiygalmuto | 2008-01-21 02:32 | 日記

第五回夜奏会

第五回夜奏会
場所:ミノトール2
2008年1月18日(月)
司会・歌 聖兒・武藤健城
ゲスト 服部久恵
ピアノ 板橋綾子

第一部

夜奏会テーマ曲(聖兒・健城)

セ・シ・ボン(聖兒)
木星の岸辺(健城)
恋のロシアンカフェ(聖兒)
幼年(健城)

悲しくなった時は(以下服部久恵)
時は逝く
からたちの花
『魚とオレンジ』より
Ⅰ、はなやぐ朝
Ⅴ、艶やかなる歌
Ⅵ、ケッコン
Ⅶ、祝辞
Ⅷ、らくだの耳から(魚とオレンジ)


第二部

小さな汽車(健城)
ボン・ボヤージュ(聖兒)
日記帳(健城)
枯葉(聖兒)


お母さん、ポプラの林へ行ってきた(以下服部久恵)
君の上には花ばかり
魂の歌

O mio babbino Caro
Vissi d’arte, Vissi d’amor

アンコール

小さな空(服部久恵、聖兒、健城)


☆☆☆
今回のゲストはソプラノ歌手の服部久恵さんでした。僕は久恵さんのことを物心ついたときから知っているのですが・・・、とにかく大好きな歌手でこれからもずっと好きな歌手。そして、初めて尊敬した音楽家です。
子供の頃はあまりにも近くにいるので、ソプラノ歌手ってこういうものだ、と思っていたら、段々年を重ねるにつれてどうやら久恵さんは相当うまい歌手らしい、ということがわかってきた。
今回彼女が歌った日本歌曲の明瞭な発音、スペイン歌曲の真摯な美しさ、そしてオペラアリアのドラマティックな表現。どれをとっても素晴らしく、楽しいコンサートだった。
その中で今回は久恵さんに僕が作曲した「時は逝く」という歌曲を歌っていただいた。僕が18歳の時に作った歌曲なのですが・・・、とても良かったです。いい機会を与えていただいて本当に良かった。
何か感無量で、どんな演奏だったのか憶えてないけれど、すごい良かったはず。
さらにモンポウの「君の上にはただ花ばかり」や「魂の歌」の心の奥深くに、ずっしり迫ってくるような声は、久恵さんの精神性の高さなのかな、と思いました。
アリアも「私のお父さん」が、リハーサルまでは僕にはさっぱりいい曲だとは思えなかったものが本番では、涙が出そうなほど感動しました。歌、の力を感じるコンサートだった。

アンコールでは当初久恵さんが一人で武満徹の「小さな空」を歌う予定だったけれど、久恵さんから三人で歌おう、という提案があり、急遽三人で歌うことに。

いたずらがすぎて叱られて泣いた子供のころを思い出した

という歌詞。
僕は子供の頃、いたずらをして泣いたりして、そしてそれを久恵さんは見ていて・・・この歌を歌いながら、僕の子供の頃を思い出した。
久恵さんも思い出したのかな、と思ったりして、感慨深くて、コンサートに私情は持ち込んではいけないけれど、
僕にとって今回の夜奏会は、大きな意味のあるコンサートでした。

シャンソン歌手の友部裕子さん、そして、ソプラノ歌手の服部久恵さん。
この二人がこれからの夜奏会でも大きな柱としてゲストで出演してくださるといいな、と思ってます。
[PR]
by takekiygalmuto | 2008-01-20 19:31 | 日記

HPなど。

僕の所属しているセイキシアターのHPが完成したということもあるので、
これからは僕のスケジュールはそちらの方で確認してくださると嬉しいです。

セイキシアターHP

さらに、そんなこんなで色々な変化やお知らせもあると思うのですが・・・
このハクチュームは、このまま気ままに書いていきます♪ ただし、公演情報等は重複になるのであまりこちらには書かないで
普段思っていることや、音楽や映画や本のこと、今までよりもずっとずっと内面的なことを書きたいな、と思っております。

どーぞ、今年も、これからもずっとごひいきに!








[PR]
by takekiygalmuto | 2008-01-07 22:36 | 日記
2008年になりましたーっ

今年も一年よろしくお願い致します。



まず一つ、ご報告を。

僕は聖兒君という歌手と二人で『夜奏会』というイベントをやっているんですが、
そんな僕たち二人のHPが出来ました。

セイキシアターHP

僕のバイオグラフィーや公演情報がありますので、
良かったらご覧ください☆



今年のコンサート第一弾は1月18日(金)の『第五回夜奏会』です。

第五回『夜奏会』
produced by セイキシアター
1月18日(金)
場所:ミノトール2(新宿三丁目)
時間:開場19:00 開演19:30
料金:3000円   前売:2700円
司会・歌:聖兒、武藤健城
ピアノ:板橋綾子
ゲスト:服部久恵


ゲスト:服部久恵【はっとりひさえ】
東京藝術大学卒業。民音公演、オラトリオ等のソリスト、ジョイントコンサート等でソリストとしての活動をする傍ら、アンサンブル活動にも力を入れる。また病院コンサートや老人介護施設等への訪問演奏会など、歌を通してのボランティア活動や合唱団の育成にも尽力する。ミラノには二度の短期留学をとおして、長年ミラノ・スカラ座の副指揮者・スパルティートとして活躍してきたC・カメリーア氏のもとでイタリア歌曲、オペラ・アリアを研鑽。二期会イタリア歌曲研究会会員。二期会日本歌曲研究会会員。嶺貞子、瀬山詠子、後藤寿子、孤島和世、松山憲善、C・カメリーニ、吉川具仁子の各氏に師事。


良かったらいらしてください☆
[PR]
by takekiygalmuto | 2008-01-03 06:16 | 日記