作曲家/ピアニスト 武藤健城(イーガル)の公演情報などなど日々の白昼夢。


by takekiygalmuto

<   2008年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

さっきまでテレビを見ていた。あまり、テレビを見る方ではないんだけれど、つけたら目に飛び込んでくる寺山修司という字。
何だこれは、と思ってみていると

村木良彦さん追悼「あの時だったかもしれない」
村木良彦死去。その影響を受け、テレビ・映画で活躍する是枝裕和が展開する、「テレビの自叙伝」ともいうべき90分のドキュメンタリー。
60年代、萩元晴彦と共にその後のドキュメンタリー番組に大きな影響を与える作品を次々に世に送る。根底には「テレビとは何か?」という問いが常にあった。彼らの影響を受けテレビ・映画で活躍する是枝裕和が、二人の作品に触れながら展開する「テレビの自叙伝」とも呼ぶべき90分のドキュメンタリー。TBS映像ライブラリーに眠る作品も多数登場して、「テレビとは何か?」を見る者に迫る。


というドキュメンタリーだった。

とにかくその内容の60年代的、と今から思えば一括りにしてしまいそうな実験的な番組を作り続けたプロデューサー。
生放送でそのへんにいる人たちに好きなことを1分間ずつ話させる、という番組を制作したり、ドキュメンタリーである意義や、メディアとは何か、を問い続けたプロデューサー。

近代のジャーナリズムの前提、真実の世界を客観的に見せる、ということは前提からして無理である。まず真実を撮るということが不可能で、それを人が作る以上それは客観性を持ったものではなく、少なからず制作者にも見る側にも主観がある。つまり、何を作っても、それは見る人間の主観を作る何かにしかならない。
そんな感じのことを、このドキュメンタリーを見ながら思った。

現在のテレビ番組はあまり見る気がしないのは、制作者側があまりにも見る側に迎合しているからなんじゃないかと思う。こういう60年代のトンガった人たちがまた現われて、自分たちのメッセージを電波に載せられるような番組がまた作られたらいいな、と思った。


それから、60年代に撮られた好きなことを色んな人に1分間喋らせる番組を今見ると、それはすでに40年近く前の話であり、それは「60年代当時としての今」というフィルターを通して、僕たちは見る。つまりそれは、すでに60年代を歴史的な文脈として無意識に捉えて見るわけで、その分、何かしらの(歴史的な)意味をそこに見つけることが出来て、何となく、面白く見てしまった。
しかし、これを現在に置き換えて考えた場合に、果たして、「渋谷や新宿で若者たちに1分間与えて好きなことを話させる生番組」を作り、放映する勇気はあるのか、と考えるとかなり疑問がある。放映する勇気、というか価値があるのか・・・。
いつの時代も若者というものは奇異なものに見えるのじゃないかと思う。そんな若者が語る「今」や「自分」には何の意味もなくニュース性もない薄っぺらいものかもしれない。それでも、その薄っぺらさが、年月が経って過去になったときに、そのニュース性の無さは「その時代」のドキュメントになるんではないかと思う。
それを見越して作ったのか、ただ若者たちの薄っぺらい様子を放送したのか、何かそこにある生というものが、すごく生々しくて、良かった。
そういう意味で、同じことの焼き直しに果たして意味があるのか、というところはあったり、作り手側の意識の問題もあるけれど、現在でも、若者たちが好き勝手に喋る生放送があったら、今は何とも思わなくても、きっと何十年かしたら、それはそれで価値のあるものになるんじゃないかな、と思った。


こんな骨太なドキュメンタリー久々に見ました☆
いやー、たまには深夜にテレビをつけるのもいいものですなー。


おやすみなさい♪
[PR]
by takekiygalmuto | 2008-05-19 03:47 | 日記

さらに本などを。

中毒だと思う。
もう少し生産的なことをすればいいのに、また本ばっかり読んでます。

エラリー・クィーン『クィーン警視自身の事件』
江戸川乱歩『怪人二十面相』
グレアム・グリーン『ヒューマン・ファクター』

を読みました。
大してミステリー好きではないのですが、何だか立て続けに読んでます。
ただ、グレアム・グリーンは、スパイスリラー仕立ての小説ということで、描かれているものは事件を背景にした人の悲しさや、裏切りとは何か、愛とは何か、ということで、読み応えのあるとてもいい小説でした。

グレアム・グリーンは、前々から読もうと思っていて今まで全然読んでなかったのですが、すっごくいい小説だったので調子にのって、グレアム・グリーンの小説を何冊か、読んでみたいなー、と思ってます。



って、しょうもない日記ばかりですが、
こうやって毎日ゆっくり過ごしていると、先月までのあまりに忙しかったスケジュールが嘘のようで、休むことの大切さを実感しました。
自分の好きなことをして過ごす時間をゆっくり過ごすって絶対必要だなー。
普段生活をしていると、やることに追われて追われて、休むと何かを失ってしまいそうで怖くなるけれど、休む勇気っていうのがあるんじゃないかと思った。僕は今まであんまりにも休んでこなかったので、これからは思い切り休んで、自分がやりたいことは何か、とか、改めて考え直すのもきっといいことなんだろう、と思いました。
そういうわけで、ちょっとライブの予定を入れつつではあるんですが、本読んだり、映画観たり、美術館行ったりしまくって、何だか、世間の雑踏を忘れて過ごしています。
最近、疎かになりすぎていた部屋の掃除をして、そしてら、こんなにも部屋は広くて落ち着く場所なんだー、と思ったりしてさ、
気分転換に掃除をすると、これまた、心機一転!な感じで、とっても新たな気持ちで頑張れるよーな気がします。しかも時間があるから、ものすごい長風呂をしちゃったりして。
で、部屋でくつろいだりして。
とか言いつつ、日本酒を飲みながら、音楽を聴いて、本を読んでるだけなんですが・・・。しかも昨日は雨が降っていて、音楽を止めて、雨の音を聴きながら、本読んで。って、何かよく分からないけどOLの土曜の深夜みたいな過ごし方!(憶測)



そんなこんなで、何となーく、世間の事情から置いてきぼりの感もありますが、
こういう生活も楽しくて、たまにはおもいっきり休んでよかったなー、と思いました。
[PR]
by takekiygalmuto | 2008-05-13 22:10 | 日記

本などを。

僕の趣味といえば、本を読むことなんですが、小学校一年生の頃から毎年年間100冊以上の本を読む、という変な癖がついているので、
6歳から今まで一年で100冊読んだとしてもすでに2000冊以上。
一ヶ月だと8~9冊。3~4日で一冊の計算ですが、大体、一日一冊くらい読んでるので、もしかしたらもっとたくさん読んでるんじゃないかと思う。

ただ、別に本を読むことが何かを得るため、という気持ちがないので、結構、テキトーな本をちょろちょろ選んで読んでます。

今月は

宮尾登美子『一絃の琴』
宮尾登美子『寒椿』
ヘミングウェイ『われらの時代・男だけの世界』
阿部公房『人間そっくり』
連城 三紀彦『戻り川心中』
連城 三紀彦『夕萩心中』
A・E・ヴォークト『宇宙嵐のかなた』
アルフレッド・ベスター『虎よ! 虎よ!』
リリアン・J・ブラウン『猫は殺しをかぎつける』
コナン・ドイル『緋色の研究』

を読みました。何でこんなに支離滅裂なんだろう、と思うけれど、今はちょっと軽めの小説を読みたいな、という気分なので、純文学よりも少し大衆小説だったり、ミステリーやSFを読んでます。

ただ、宮尾登美子の小説は前から本とに大好きで『一絃の琴』も読み返してみたり、他の小説もちょっとずつ読み返したりしてます。
何かNHKの大河ドラマの『篤姫』も宮尾登美子原作だし、ちょっと原作も読んでみようかな~、なんて思ったりして、お気楽な五月を過ごしておりますが、
そろそろちゃんと仕事します。着々とライブの予定決めてますよ~☆

と言いつつ、
昨日と今日で、 野村芳太郎監督の『疑惑』と『わるいやつら』を映画館で見てきました。そして、今日も『疑惑』を見てきてしまいました。
いやー、何回見てもいい映画です。
悪人が悪人であるがために魅力的であり、そして、法律が守るものは何か、ということが描かれた素敵な映画です。
ていうか、桃井かおりと岩下志麻が抜群に素晴らしい演技を見せる、素敵な映画です。

ラスト近く、もうね、ワインをこぼされるために着たとしか思えない真っ白いスーツで現われる岩下志麻に桃井かおりがワインをかけるシーン。
何か、感動しちゃいます☆
[PR]
by takekiygalmuto | 2008-05-11 01:58 | 日記

ゴールデンウィークは。

結構、ゆっくりできました☆
松屋銀座で『エリック・カール展』をやっていたので行ってきました。
『はらぺこあおむし』とかで有名なエリック・カール。僕は何でだか、カール特製のティッシューと呼ばれるペイントを施した紙をたくさん持ってるんです。アメリカにいるときに何かのタイミングで貰ったんだけど、もったいなくて未だ使えないまま、でもエリック・カールが大好きで密かに溜め込んでます。
そんなエリック・カールの制作過程を展示してあったりして、とっても楽しかった。
かなりデフォルメしたカラフルな動物や魚の絵で知られるカールだけれども、見ているとかなり構図に関しての推敲が多く、その場の感覚で仕上げていったかのようなカールの作品は、相当綿密に考えて作っていることを知る。
他にも本人がインデペンデントアートと呼ぶ、カラフルなティッシューの屑を遣ったアブストラクトなコラージュ作品が展示してあり、今までカールはデフォルメした具象、という印象だったものが、
彼にとって重要なものが色とフォルムなんだなー、と思った。芋虫が芋虫に見えることよりも、色の鮮やかさと簡素化したフォルムがとても素敵でした。
シールとか色んなものを買って帰ってきた。そして、僕が日常使っているお茶碗は子供用のもので、はらぺこあおむしの柄がついてます♪

☆☆☆

鶯谷のキネマ倶楽部にて、友達のKayaが今月23日にメジャーデビューしたっていうことで、メジャーデビュー記念ライブ。オールスタンディングで400人くらい入ってたし、盛況で御座いました。

友達とは言っても全くジャンルの違うKayaちゃん。ていうか、ビジュアル系。
エンターテイメントとしてとっても楽しくて、初めてライブを見た俺としては、普段のKayaちゃんとのギャップにドギマギしつつも、ちょっと感動してしまった。
ビジュアル系のライブって初めて行ったけど、すごいんだねー、お客さんがみんな振りを覚えてたりして、普段クラシックやシャンソンをやっている俺にはとっても新鮮な体験でした。

☆☆☆

ポール・トーマス・アンダーソンの『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』を見てきました☆関係ないけどポール・トーマス・アンダーソンって略すとPTAだね。一人でアソシエートしてる感じ♪

内容は詳しくは書かないけれど、素晴らしい映画でした。
ダニエル・デイ・リュイスがまァとにかくすごい演技を見せていて、最初から最終までほぼ出突っ張りで180分を引っ張っていく。
群像劇が得意なPTAの割に予想外に主役ひとりにフォーカスした物語。石油の狂気に取りつかれた男の物語。

ヴィスコンティの『山猫』の場をわきまえない田舎娘以来、久々に登場人物にムカついてしまった。わきまえを知らない自分を予言者だと信じて教会を作る田舎者に、何度舌打ちをしたことか。

そんな気持ちになるほど強い、よくできた映画です。
そしてとにかく音楽が良いです。
キューブリック並の音楽センス。というか映画自体キューブリック的で良かった。

エンドロール後にロバート・アルトマンに捧ぐ、ってあったのは成る程と思ったけれども。


さらにエンドロールに流れるブラームスのバイオリンコンチェルト第三楽章がこんなに美しく思えたことは無かったです。

歌舞伎を見るように爽快な映画でした。

☆☆☆

『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』
企画・製作・監督 :若松孝二

すべて実名で、連合赤軍がいかにしてあさま山荘に立て篭もったかを描く、若松監督渾身の一作!!

とにかくすごいいい映画です。若松監督がずっと撮りたかった映画ということでその気合の入り方も尋常じゃないんですが、3時間、映画のテンションが全く落ちないまま、進むその力に圧倒される。
この題名と、連合赤軍のあさま山荘立て篭もり事件を描くということで、何だか政治的な映画である、と誤解されるようなところがあるけれど、(実際に政治的な映画ではあるけれども)それよりも、いかに人は弱く、集団に左右されてしまうのか、という、人間の姿が描かれている映画だと思う。

連合赤軍は、学生運動から生まれた軍事組織で、国家、警察などの権力に対する過激集団で、委員長の森恒夫、副委員長の永田洋子を中心にした独裁組織。軍事演習と称して、銃の訓練などを山岳キャンプを張りながらしていた彼ら。実質、森と永田の独裁だった連合赤軍は、「総括」という自己反省を集団に課し、「総括」出来ていないメンバーにはリンチを加え、殺す。
その赤軍誕生から「総括」の山岳ベース事件までを刻々と追い、次々と死に追いやられる様、森と永田の独裁、そして、それを悪と思いながらも言い出せずに、赤軍メンバーとして行動してゆく人々の姿が描かれ続ける。自分を見失い、本来の目的を逸してゆく森と永田の狂気。
永田は書記長の坂口と付き合っていたけれど、いつしか森と愛し合いそれを坂口に告げる。
「私と森さんが愛し合うことは、共産主義的革命にとって一番いいと思う。」
そんな意味不明な言い訳は、ただのお笑い種だが、自己を見失い、革命と私利私欲を混同してゆく彼らの狂気を思えば、その言葉を平然と発する彼女の怖さに、笑いよりももっと危機的な怖さを感じる。
山岳ベース殺人を繰り返し、段々と内ゲバに発展してゆく中、警察に察知されないために転々とベースを移動する連合赤軍。終焉に向かい、移動した森と永田を追うように9人のメンバーが山を歩く。その途中、森と永田が逮捕されたことを知り、それでも革命を遂行するために9名は二手にわかれ下山する。4人は逮捕され、残った5人が警察に追われながらも、あさま山荘をなし崩し的に占拠し、山荘の女主人を人質に(と言っても彼らの敵は国家であり、民間人は敵と見なさないために人質ではないが、実質人質)立て篭もる。
そして、9日間の立て篭もりの末、警察の突入、逮捕。
映画はここで終わるが、これ以降の事件は周知の通りである。

いよいよ警察が突入する直前、皆が皆を鼓舞し合いながら革命を遂行し、死んでいこうとする中、最年少のメンバー加藤元久が涙ながらに言う。

「何が革命だ。これが革命か! 僕たちは勇気がなかったんだ。僕たちは勇気がなかったんだ!」


人は自分が正しいと思った道を進み、そしてそれが狂気に陥ったとき、もしもそれが集団であればあるほど、後戻りが難しくなる。
何をしたかったのか、何をするのか、ではなく、いかにしてその集団の中に埋没してゆくか。
これは連合赤軍に限った話ではない。
政治の話でもない。
僕たちが生きていく中で、何となく何も言い出せずに取り返しのつかないところまで物事が進んでしまうことがあるかもしれない。いつまでも言い出せずに、ただ集団としての物事が進み、そして、それが自分の本当にやりたいことではなかった、と言う。
それは、ただ、勇気がなかった、とは気がつかない。

勇気がなかったゆえ、集団に所属し、勇気がなかったゆえ、集団リンチに加わり、勇気がなかったゆえ、あさま山荘を占拠し、勇気がなかったゆえ、自分たちを鼓舞し正当化してゆく。
自分を綺麗に見せたいのは人の性かもしれない。

しかし、自分のやっていることに疑いをもったとき、潔く辞めるというのは、弱さではなく、強さだと思う。
そして、その強さを持つことは難しい。

人の弱さや悲しさ、その中でも懸命に自分を探し求める人間。
そういう姿を描いた作品です。

この映画は、全く政治的なメッセージを持った映画ではんく、人間の弱さや生きる意味を問いかける作品だと思う。政治的な話が嫌いな人も是非見てください。


号泣するよ。何度も!


評価:★★★★★★★★★ 日本映画史上に残る傑作です。絶対!



☆☆☆

劇中、渚ようこさんが歌う『ここは静かな最前線』も素敵だよ♪

ちなみに、あさま山荘は若松監督の別荘を使って撮影したみたいで、ものすごい勢いで壊れまくってました。そのくらい若松監督の意気込みがすごいのです。
[PR]
by takekiygalmuto | 2008-05-05 17:55 | 日記