作曲家/ピアニスト 武藤健城(イーガル)の公演情報などなど日々の白昼夢。


by takekiygalmuto

<   2009年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

タミフルー。

何か超高熱の中、昨日は僕の「ホルンとピアノのためのソナタ」の初演でした。
アップライトのピアノだったということもあり、作品の大きさに対して、やや音がこじんまりとした感はあったけれど、本当に奏者のお二人が頑張ってくれました。

一楽章の複雑なリズムもなかなか合っていたし、二楽章も聞いてる人を不安にさせるほど遅いテンポでひっぱっていったし、三楽章もちえちゃんのピアノがすごい!って思わせるようなヴィルトゥオーゾな雰囲気で、とても良かった!
欲を言えば、今度はグランドピアノで再演したいなぁ、と思っております。

ところで、僕はこのソナタを書いたときに「ホルンらしさを一切出さない曲」にした、と言っていたわけですが、自分ではそうしたつもりでも演奏を聴くまではどうなるのか分からなかったわけですが、実際に演奏されてみると、これがまた大変なことになってました。
他の曲はホルンの音色と得意な旋律を全面に出していたのに対して、僕の曲は、全くホルンの響きがしない。ここまで音色をつぶしてしまうというのは、奏者にとってはどうなんだろう…。という気さえしたのですが、そのくらい、ホルンの持つ華やかさの無い、モノトーンのようなエッジの聞いた音になっていました。
全くホルンの響きがない。狙い通りではあるのですが、それにしても予想以上にホルン的じゃない曲でした。
こんな曲を吹いていただいて、本当にありがとうございました。
もしもまた機会があれば、今度はもう少しホルンらしい曲を書きたいな、と思っております。


さてさて、ものすごい熱でポワポワしていた僕は、本日病院に行ってきたのですが、
インフルエンザ。

人生初のタミフルをもらってきました。
発狂したらどうしよう♪


熱が出て
インフルエンザ
発病す
風は嵐や
タミフりて春



イーガル



ていうか、とても調子が良く、インフルエンザだとは思えません。
[PR]
by takekiygalmuto | 2009-03-23 14:27 | 日記

ホルンソナタ初演!

何と僕は朝起きたら38℃を越える熱に見舞われ、何が何だか分からない感じの中、昼間には素敵なヴァイオリンとアコーディオンのデュオ前肩さんたちと曲作り。
歌詞を
小学校の頃なんかにやった『いつ、どこで、だれが、何を、どのように、した』ゲームで書き、ワルツ調の曲を書いてみました☆
前肩+イーガルで、イーマ・エカタガルという北欧から来たのかしら、的な雰囲気でやります☆
いい曲出来ましたっ
コーラスワークなんかも入りまくっちゃってます☆

そんなイーマ・エカタガルは4月5日、高円寺の円盤にてベールを脱ぎます♪



さてさて、本日は19時より池袋の鈴ん小屋にて僕のホルンソナタが初演されます☆
かなりいい雰囲気で仕上がっているので、演奏が楽しみです!


お暇ならいらしてください☆



わー、熱が…。果たして曲解説をちゃんとやれるのでしょうか…(`ヘ´)
[PR]
by takekiygalmuto | 2009-03-22 15:44 | 日記

ホルン de night

最近、ことに忙しく、その理由を説明いたしますと谷崎潤一郎の「細雪」を読み続けていたからなのですが、読み終えました。本当に美しい小説でした。
上中下巻に分かれた小説は美しい4姉妹の話なんですが、特に三女雪子と四女妙子を軸に展開していきます。まァ、筋自体に重要性があるというよりはゆったりと進む日常の中に大阪の風俗を織り交ぜた絵巻物のような小説です。雪子を例にとると

雪子

上巻 お見合いを二回断る。
中巻 お見合いをしない。
下巻 お見合いを断られ、最後にはめでたく嫁ぎ先が決まり、下痢をしながら嫁いでゆく。

大変美しゅうございます。

☆☆☆

さてさて、昨日は僕の新作「ホルンとピアノのためのソナタ」の練習がありました。
一体どんな曲になるのやら…、と思いながら練習に行ってみたら、演奏者の二人はどう思ったか分からないけれど、僕は、相当満足のいく曲に仕上がっていました。
今回のソナタは、作曲のコンセプトとしては…
1、ホルンの特徴である牧歌的な響きを極力避けて、今までにないホルンの使い方をすること。
2、楽章ごとに最小限の要素だけで作り上げること。
3、ひとつのリズムパターンに執着すること。
4、ホルンとピアノが一体となったときにはじめて曲が成立すること。
5、古典的な「形式」にはこだわり続けること。

という感じだったのですが、練習を聴く前までの僕は、勝手に、極めてポップでキャッチーな聴きやすい曲になっていると思いこんでいたにも関わらず、練習に行ってみると、何てこと! 僕が今までに書いた曲の中で一番とんがっている! あまりのとんがり方に自分でもびっくりしました。とにかく激しい。
特に一楽章の激しさと言ったら、そしてピアノとホルンの超絶技巧っぷりと言ったら。現代音楽を聴いたことが無い人でも「なんだか分からないけど、ものすごいことになってる」って思えるんじゃないかと思います。自分で聴きながらも曲に飲み込まれそうな気がしました。
そして第二楽章は、作曲のプロセスを見せる、というか、段々と音が形成されていき、アンサンブルが出来上がる過程を、重苦しいワルツに乗せて楽しんでいただければ、と思ってます。聴いている人にとっては、何ともフラストレーションの堪る時間に、そしてそれを耐える快感になったらいいな、と思ってます。
三楽章は、これまたびっくりするくらい速い。こんな曲が書いてみたかった、と思える楽章になりました。

ということで、今回のこの曲。皆様がどう思うかはさておき、そして、奏者が気に入ってくれたのかはさておき、僕自身、かなりの自信作に仕上がりました。あまりのめくるめく雰囲気に、自分でも聴いていて飲み込まれそうになるだなんて!

ぜひぜひ聴きにきてください。
これはですね、ボストンにいたときの音楽家たちが集結する、ボストンコネクションなハイレベルな演奏会になるのです。
前半は、僕の曲や何かのピアノとホルンのクラシックな演目を。
後半は、ホルンとドラムが奏でるジャズを。

いやー、楽しんでください、日曜日の夜。
詳細はこんな感じです。↓


Somewhat Boston-connected people present…
ホルン de night

3月22日(日)
18時開場 19時開演
らいぶはうすの鈴ん小屋(りんごや)
〒170-0013豊島区東池袋1-47-1庚申ビルB1
(池袋六又交差点すぐ)
http://www.ringoya.org
03-6382-7273
チャージ\2,500(ワンドリンク込み)
出演
山村優子(french horn)
笠原慶昌(french horn)
有田恭子(drums)
菊池智恵子(piano)

武藤健城氏の新作、ホルンとピアノのためのソナタの初演
クラシックやコンテンポラリー作品
山村優子作品を含むジャズステージ 等

http://cassacor.exblog.jp/10392378/

[PR]
by takekiygalmuto | 2009-03-19 02:06 | 日記

キャバレー明けのmadeleine

c0077204_17474329.jpg

わけもなく金髪にしました、イーガルです。



昨日はフェムエフェムで本番でした☆
月一恒例の『キャバレー青い部屋』!

いつもながらレギュラーの紫ベビードールやセクシーダヴィンチさんも素敵で、さらにゲストのねこまじさんっ
30代OLの哀愁をこれでもかっ!と歌ってました。楽しいし歌もうまいし最高!


さてさてキャバレー明けで本日はまたしても渋谷・青い部屋にてエルナ・フェラガ~モお姉様率いるマドレーヌエージェンシーの『Rue de madeleine』にアナベルちゃんの伴奏でピアノで出演します~☆



今日も楽しみですっ


今からリハーサル♪
[PR]
by takekiygalmuto | 2009-03-14 17:47 | 日記
2009年3月13日(金)
「キャバレー青い部屋 ホワイトデースペシャル
 ~女性上位ナイト~」
2009年3月13日(金)
OPEN 0:30  CLOSE 5:00
3000(D別) ※女性は500円OFF!!

【出演】
戸川昌子
紫ベビードール
フェム エ フェム
Safi


【ゲスト】
ねこマジ
 96年結成。都内ライブハウスにて着々とライブパフォーマンスを磨く。
 大人が楽しめるエンターテイメントとして根強いファンを持つ。
 3人各々が作詞を手掛けるオリジナル曲の数々は赤裸々に描かれる
 『30女の悲哀』とシュールに展開する『物語』が2大主流。
 http://nekomaji.com/

Miss SugarPuss
  (ミス・シュガープス/バーレスクダンサー/From CANADA)
 カナダ・モントリオール出身のバーレスクダンサー。
 優雅な雰囲気と劇場的な表現に定評がある。
 ミュージカル女優・声優としても北米を中心に活躍中。
 http://www.misssugarpuss.com/

【MC】
モーレツ屋のミーヤ
 http://www.interq.or.jp/rap/tetsu/moletstop.html


【ホワイトデー特別企画】
女性のお客様にチェリーズから愛を込めたプレゼント
ピアフルームに「レディースサロン」出現
 占いやマッサージなど、女性のための様々なブースが出店予定♪
 テーブルにはマカロンやフルーツ等のスウィーツもございます♪
ホワイトチョコレートを使ったオリジナルカクテル有り〼



☆☆☆



2009年3月14日(土)
『“Rue de Madeleine” vol8』
open : 19:00 close : 23:00
【出演】エルナ・フェラガ~モ、レ・プチ、アナベル【ゲスト】JON(犬)
【DJs】原子高志、ザ・ジェットスクリームス、宮里卓
先着25名様にRdM DJsによる スウィートな選曲CDをプレゼント!

ホワイトデイのパリ郊外、甘~い香りに誘われて暗い暗い森に出かけたエージェント達!すると森の奥では不思議な光景が繰り広げられています。お菓子のお家、狼の歌声、金平糖の踊り、いばらのトゲや底なし沼に注意!願いを叶えるエメラルドシティーは本当にあるのでしょうか?http://www.madeleineagency.fr/

Rue de Madeleineは、パリの何処かにある路地です。
毎回マドレーヌエージェンシーのエージェント達が繰り広げるEasyGoingでListeningなラウンジパーティー!
今回のRdMは、お菓子の世界へ皆様をお連れします。甘~い香りに誘われて暗い森の奥に出かけて行ったエージェント達が、ゲストにJON(犬)さんをお迎え!イロイロな光景に出くわします。
レギュラーDJsは、イラストレーターの原子高志さん、アコ(TJS)、宮里卓(Les Petits) 
先着25名様にレギュラーDJsセレクトのSweet InspirationsnなCDをプレゼント!
新作SWEET!タツノコクッキーの試食会も同時開催実施中!
LIVEは、ゲストのJON(犬)さん。レ・プチのミニミニコンセール。アナベルさんは、コンテンポラリー界の雄!イーガル氏+神野トモ氏がバックアップ!エルナ・フェラガ~モのライブ演奏はクァルテットサンジェルメンの皆さんでお届けします!


☆☆☆


ということで、何だか最近は3か月周期くらいでやってくる、恒例になった感のある青い部屋2連ちゃんっ!
まずは、フェムエフェムで出演するのは月1イベント「キャバレー青い部屋」。オールナイトイベントです♪
そして、オールナイト明けは、一旦、寝に帰るんですが…、夜はエルナ・フェラガ~モお姉さま率いるマドレーヌ・エージェンシーの『Rue de Madeleine』
こちらのゲストのJON(犬)ちゃんは、ほんとすごいっ! 犬の着ぐるみを着て、手回しオルガンを弾いて、ワンワン言います♪

http://jonthedog.blog18.fc2.com/

↑こんな人(犬)です♪


お暇なら来てみてください~。
[PR]
by takekiygalmuto | 2009-03-12 10:01 | 日記

写真もういっこ。

やっぱり手ぶれ!笑
c0077204_13255957.jpg

[PR]
by takekiygalmuto | 2009-03-09 13:26 | 日記

ポップの境界線の写真☆

c0077204_1327254.jpg
c0077204_13235178.jpgポップの境界線のときの写真です☆
手ブレ!しまくりですが、雰囲気だけでも伝わればよし!  楽しかったです~
[PR]
by takekiygalmuto | 2009-03-09 13:25 | 日記

ポップの境界線

2009年3月7日(土)
於:恵比寿天窓SWITCH
出演:BILKE、イーガルとロヮゾー・ナイフ、コーヒーカラー

イーガルとロヮゾー・ナイフのセットリストは…


田原坂
酒場のパロール
黒い蝙蝠

ねずみは米が好き
粗忽の歌feat.柳家小さん「粗忽長屋」
幼年
死んだ男の残したものは
地球は回る

港がみえる丘

でした☆

いや~楽しかったです。リハーサルからすでに、4ヶ月ぶりくらいに共演のBILKEと、コーヒーカラーの独自の世界観が激しく素敵で楽しみだったんですが、本番もかなり楽しくできました。
…とは言うものの、何だか本番直前は久々にやたら緊張していて、大変だったんですが、始まればやっぱり楽しかった。
トラブル続出で、でも、それでこそ楽しいライブ。

BILKEもジャジーだったり中国の曲をやったりいつも以上のバリエーションの豊富さで、コーヒーカラーも「ズルいっ」て思わず言いそうになるくらい確立された世界観。
最初がBILKEで、静かな、聴かせる音楽、トリがコーヒーカラーの独特の世界。ということで僕はちょっと軽めで楽しいステージをやろうと思ったんですが、お客さんを楽しませることは大変だな~と思いました☆

でもでも楽しかったっ
ミスは多々あったものの、久しぶりにある程度納得のいくステージになりました☆


お越しいただいた皆様ありがとうございましたっ
ていうか、皆様、声かけてくださぃ~笑
[PR]
by takekiygalmuto | 2009-03-08 15:08 | 日記
c0077204_17225792.jpg
大変驚きました。
明日のライブが、ヤフーのニュースやらいろんなところに載っておりました。
これはもーぅどうにもこうにもコーヒーカラーのおかげですっ!
何て言っても現在有線チャート一位の仲山君とTESHIのコーヒーカラーっ
ホントに素敵なバンドですっ

2009年3月7日(土)
『ポップの境界線 A borderline of the POP』
18:30 open 19:00 start
料金:3000円(1D付)
場所:恵比寿 天窓SWITCH
出演:BILKE、イーガルとロヮゾー・ナイフ、コーヒーカラー
問合:恵比寿天窓SWITCH 03-5795-1887


ヤフーのニュース。
↑ほら、こんな感じでニュースに!


c0077204_17322376.jpg
僕は今こんな感じです。
「困った!」  いっぱい人来て、酸欠になったらどうしよう!
うれしい悲鳴ですっ!

ってことで、
明日は、BILKEとコーヒーカラーと一緒にライブ、楽しみだーー。
そしてそして、イーガルとロヮゾー・ナイフも頑張ります♪

お暇ならいらしてくださいねっ
いやむしろ、お暇じゃなくてもいらしてくださいなー。


かなり楽しいイベントですよーん。
[PR]
by takekiygalmuto | 2009-03-06 17:32 | 日記
土曜日は、無事にライブ終了いたしました~。

うたったのは…


『モダンタイムス2月号』
2月28日(土)
於:鈴ん小屋

セットリスト

田原坂

酒場のパロール
黒い蝙蝠
粗忽の歌
野ばら
地球は回る

ヴォーカル イーガル
ピアノ 菊池智恵子
ギター 前田雅史
ベース 荻堂洋一
ドラム 黒田翔一

でした~。
今回は、初のフルバンド編成でのライブだったんですが、楽しかったです!
特に「粗忽の歌」では、ギターのワウワウとかカウベルとか、色んな音を使ったりして、
何だかやっぱり、フルバンドっていうのは、その編成が基本になってるのがうなずけるような、完成された編成なんだな~、って思いました☆

さてさて次回は、今週末の土曜日、恵比寿天窓SWITCHにて、BILKEとコーヒーカラーとライブです☆
ふた組とも、すっごく素敵で、お馴染みのバンドですが、この3組でライブをするのは初めて!
頑張ります~♪
起こしくださいなー。
[PR]
by takekiygalmuto | 2009-03-02 09:45 | 日記