作曲家/ピアニスト 武藤健城(イーガル)の公演情報などなど日々の白昼夢。


by takekiygalmuto

<   2010年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

初めての江古田Buddy。
超アウェイな中、高飛車にやり切りました。
もうね、最初っから楽しかった。
Dried Bonitoの天然っぷり。
ミコルさんの激ウマな歌。
そして、ドラァグクィーンが必死に踊り、
MATOOさんの美声。
ほんとね、いいイベントでした。
んでもって、イーガルは
やり逃げ上等!
上から目線でやり切ったら、
何か知らんけど、
CDがたくさん売れた。
正直、びっくりしました。
ということでイーガルセットリスト。

2010年11月27日(土)
「ハニードライブvol.0」
江古田バディ
open:18:30 start:19:00
出演:
Hanie Buzz、DRIEDBONITO、市川ミコル、イーガル

イーガル セットリスト
ピアノ 佐藤真也
ギター 大橋恭輔
ベース 荻堂洋一
ドラム 谷本朋翼
トランペット 長谷川素子
ゲストヴォーカル 響レイ奈

恋のロシアンカフェ
酒場のパロール
お金持ちのラブソング
秘密のダンス
Moon Night Bossa(デュエットwith響レイ奈)
恋のスクランブル交差点(デュエットwith響レイ奈)
また昇る月


やり逃げ上等!


追伸

フライヤーの文言が気になるというお問い合わせにより
とりあえず書いときます。

本日のライブのフライヤーのね。


イーガル

現代音楽作曲家武藤健城(むとうたけき)=イーガルは、艶やかで真っ直ぐな声に定評があり、
そのステージは劇的かつ魅了的で優雅。ピアノの上を踊る指先に釘付け。客は悶絶。
たまに俳優、たまにモデル。常に貴族。
イーガルとロヮゾー・ナイフ、フェムエフェム他多数のバンドに参加。
一方、本業の現代音楽では楽曲が国内外のコンサートで楽曲が演奏されているほか、
2009年映画「美代子阿佐ヶ谷気分」に音楽を提供。
2005・2010年には蒲田アプリコにてバレエを作曲、自らの指揮で初演、
コンサートから映像、舞台、大道芸と活動範囲は幅広い。
その反動からかイーガルの名の元に都会派ポップを提唱し、夜な夜な馬鹿騒ぎを繰り返している。
http://takekiygalmuto.com/


メッセージ
魅惑的な出演者に囲まれて、勝手にゲストミュージシャンも呼びつけて、
やりたい放題騒ぎます!やり逃げ上等!
好きです、大好きです、江古田ちゃん!
[PR]
by takekiygalmuto | 2010-11-28 01:09 | 日記

明日、明日!

2010年11月27日(土)
「ハニードライブvol.0」
江古田バディ
open:18:30 start:19:00
料金:1500円(ドリンク別)
出演:
Hanie Buzz、DRIEDBONITO、市川ミコル、イーガル



下北な匂いのするミュージシャンたちと初共演!
ちなみに俺は一度も下北でライブしたことありません!
だから、とっても楽しみ。
ていうか、場所は江古田だけどね。

Hanie Buzzは一体どんなバンドなのか。
謎のベールに包まれっぱなしでドキドキワクワクですが、
何やらドラァグクィーンたちが必死に踊るバンドであるらしい。
そしてこのイベント、謎のバンドHanie Buzzのお披露目で
僕は賑やかしに行くわけです。

しかも、イーガルとロヮゾー・ナイフではなく!
でも、バンド!
しかも響レイ奈ちゃんもゲストボーカルで連れて行く!
バルビーやたをやめのトランペット、もっちゃんにも吹いてもらう!

何かもう、大変豪華に
賑やかしに行くのです。
料金も安いし、来たらいいと思います!
[PR]
by takekiygalmuto | 2010-11-27 00:31 | 日記
2010年11月21日(日)
『バーバラ村田のよるべナイトvol.2~ハードコアな女たち編~』

[日時]2010年11月21日(日)
18:00 open 19:00 start 22:00 close
[会場]銀座ブギウギ 中央区銀座6-3-16泰明ビル3F 03-5568-8221
[出演:バーバラ村田、エミ・エレオノーラ、加納真実、あやちクローデルとイーガル 
MC: annie(紫ベビードール)
企画・制作:maticomatil

あまりにも凄まじいイベントでした。
最初から最後まで、お客様は固唾を飲み続けるような、
全然気を抜けないイベント。
ホントね、久しぶりにやり尽くした、って思えました。
あやちとのデュオ。
加納さん×あやち×イーガルの「恋」
バーバラさん×イーガルの「ストリップ」

何だかもう、どこもプレッシャーだらけ。
挙句の果てには
バーバラ村田×エミ・エレオノーラの「かたわれ」の凄まじさといったら
もう見てる方がえぐられていくような感覚。

俺も負けじと頑張った。
けど、もっと出来た。
やっぱり、加納さんにもバーバラさんにも飲み込まれてしまったというか、
まだまだ対等に渡り合える瞬間が少なくて、
もっと凄まじい戦いみたいな作品を作りたかったけど、
自分として最高というところまでは達しなかった。
ただ、それは俺の感想であって、見てる人たちにはそれなりの作品として
見えたのかもしれない。
でも、もう一歩突き刺さるような演奏をしたかったです。

納得はしているけれど、まだまだ出来る。
何か、自分の可能性を感じたイベントでした。



そして、今年一年を締めくくれた気持ちになった。
まァ、みなさまご存じの通り、
青い部屋が大変なことになっているわけです。
救済というのも個人的には、すごく慎重に考えていたりするわけですが
音楽家が出来る手助けは、
素晴らしい演奏をして、青い部屋がなくなったらこまる!とお客さんに思ってもらうこと。
俺は、音楽で何かを残したいと思います。
ちなみに俺が出演するのは、
12月11日(フェムエフェム、エルナ・フェラガ~モ、あやちクローデル)
12月24日(イーガルとロヮゾー・ナイフ、蜘蛛女の逆襲 他)
12月25日(オナン・スペルマーメイド)
が決まってます。

以下の感じね。


■青い部屋からのお知らせ■
皆様に愛され、四三年間にわたって営業を続けてきました青い部屋ですが、現在、詐欺横領ともいえる犯罪的な被害に遭い、閉店の危機に瀕しております。 オーナー戸川昌子をはじめとするスタッフ一同、ギリギリまでがんばってみるつもりではありますが現状、来年以降の運営の見通しが立ちません。 そこで、とにかく年内一杯をゆかりあるアーティストの皆様方のご助力を得て、「青い部屋救済月間」と名付け、最大限盛り上げていこうという結論に至りました。
どうか一人でも多くのお客様にご来店いただけますよう、スタッフ一同心よりお待ちしております。

なお、不測の事態のため関係各位の皆様方へ大変なご迷惑をおかけしていることを、恐縮ではありますが、この場を借りてお詫びさせていただきます。





■青い部屋救済募金の呼びかけ■
また一つ文化の灯火が消えてしまおうとしている。
一九六七年より続く伝説的文化サロン「青い部屋」。古くは三島由紀夫や川端康成、美輪明宏をはじめとした数多くの文化人から愛され 二〇〇〇年のリニューアル以降は新旧文化・老若男女の融合を掲げ幾多の個性的なアーティストに活動の場を提供してきた店です。 その青い部屋の文化の火を絶やしてはいけない。そういう強い思いを持つ同志達で立ち上がり青い部屋を救おう!

以下の口座からカンパを受け付けております。

口座名:「青い部屋 救済委員会」
三井住友銀行  本山支店(484)
普通口座 6826315

12月31日を締め切りとして、受け取ったカンパは全額青い部屋に義援金として寄付いたします。
鳥井賀句(青い部屋救済委員会 発起人:音楽評論家)



■青い部屋救済への呼びかけ■
★「青い部屋」は、日本に於けるシャンソンの精神を現代に伝える貴重な空間です。 その「青い部屋」が失われるのはあまりに惜しい、文化的損失でもあります。 「青い部屋」存続の為、ファンそして戸川昌子を応援する友人たちみんなで力を合わせて行動しようではありませんか」

なかにし礼(作家、作詞家)


★「青い部屋は2000年に、みんなの力でリニューアルして以来、1967年からの文化の伝統と、21世紀のサブカルの力がスパークする貴重な場となった。 そんな場所は他にはない。シャンソニエの伝統と数々のパフォーマンス、そこには日本の歌のエッセンスが詰まっている。 こんな凄い場所をどうにか保全したい」

サエキけんぞう(ミュージシャン、作詞家、プロデューサー)


★「青い部屋は世界にひとつしかない。僕は道化師をやっていて、もこもこのかつらをかぶっている。 それで詩を朗読したり、 歌を歌ったり、クッキーを客席に向かって飛ばしたりしている。 そんな人間にワンマンライブをやらせてくれる場所はそうあるものじゃない。 僕らを見に来る人は割と年配の人が多い。ライブハウスじゃ敷居が高い。でも、青い部屋だけは別ね、と言ってくれる。だから満員になる。 そんな場所はそうあるものじゃない。
楽屋には、東京大空襲の悲惨な写真が貼ってあった。オーナーの戸川昌子さんは空襲の被災者だ。 日本があんな時代を乗り越えてきたことを、いや、それが忘れ去られようとしているからこその行為だと思う。オーナーのこうした心遣いがある場所はそうあるものじゃない。
リハが終わって本番前。壁面のエディット・ピアフにそっと挨拶をする。萎れぬ真っ赤な薔薇のごとく、今夜もロマンティックが咲き乱れる。 大人の場所だ。酒と恋と歌の歴史だ。もうこんな場所は二度とあるものじゃない。
失ってはいけないものがある。後からそれに気付いても遅い。たしかに街は変わるし、人も変わる。けれどもやはり、失ってはいけない場所がある」

明川哲也(ドリアン助川。元叫ぶ詩人の会、現アルルカン洋菓子店。歌手、詩人、文筆家)


★「歴史上の人物が戸川昌子さんの回りに実際に存在し、飲み、語りを していた。 「まさか、あの青い部屋に私が関わって仕事する事になれるなんて・・・」そう思いながら今もオーガナイザー、出演者として、関わらせていただいている。 日本の文化やミュージックシーンの歴史でもある「青い部屋」まだまだ、その歴史が続いて行く事を望んでやまない」

信太美奈(ミュージシャン、プロデューサー)


★「青い部屋」が歴史的だとか伝説的だとか、この際、堅苦しい話は要らねえだろ。
女ひとりで命を張って生きてきた戸川昌子という日本エンターテインメントの財産が、信じていた部下の1000万近くとも言われる横領疑惑に遭い、棲家を追われそうになっているという この事態に必要なのは「カネ」に決まってる。「青い部屋」を語る有名文化人、作家、音楽家、財界人、義のあるヤクザのお歴々は、黙ってカネを投げてくれよ。 気取った支援コメントなんかを書くよりも1万円だ。1000万円ったって、1人1万円なら1000人で片付く額だろうが。10万円なら100人で、100万なら10人いれば済む話だ。
おれか?おれは、すでに16年前から借金2億6千万円抱えたまま、貯金ゼロのその日暮しだがそれでも、戸川さんは艶っぽいし世話になったから、年内までになんとか数万円は都合するつもりだ。 いいかよ、こんなおれでも、そうだからな!「青い部屋」の名を語る御仁、「惜しむ声」を公言する御仁なら最低でもおれより1円は多く義援金を出せよな。 こういう場合、精神的応援なんて、カッコだけつけてんじゃねえ。 カネ送らなきゃ、なんの意味もねえんだよ。

高橋玄 映画監督(『ポチの告白』『GOTH』)
[PR]
by takekiygalmuto | 2010-11-27 00:28 | 日記

よるべナイトvol.2

日曜日は怒涛のライブかけもち2本!

しかも内容が濃すぎて意味分からんのですよ。

まず昼間は、12時スタートで、飯田橋の日仏学院。
ボジョレー解禁パーティーで、フランスの大物キャバレー歌手が来るらしく、
その前座でフェムエフェムが出ます!
こないだフランス人に聞いたら、めちゃめちゃ有名な人だってさ、そのフランス人歌手。

ちと、これはですな、6000円とお高いんですが、ボジョレー飲み放題+ランチなので、
まァ、飲みまくると思えば、ね。

2010年11月21日(日)
『キャバレーボジョレー』

[ 会場 ] 東京日仏学院ラ・ブラスリー (http://www.ifjtokyo.or.jp/)
[ 住所 ] 東京都新宿区市谷船河原町15
[ 時間 ] 11:45 オープン
[ 料金 ] 6,000円(食事付、ボジョレー飲み放題)
[ LIVE ] Caroline Loeb、フェムエフェム



で、夜も大変なことになってるんですってば。
僕は、あやちクローデル×イーガル。
さらには、バーバラ村田×イーガル。
そして、加納真実×あやちクローデルとイーガル

という3つのパターンで出演!
もうね、こりゃどーなることやら。
毎日が死ぬほどコアなリハーサル中です。
もし来られる際は、とにかく予約を!
一回目の窒息しそうなほどの混雑は、是非とも避けたいのです。

2010年11月21日(日)
『バーバラ村田のよるべナイトvol.2~ハードコアな女たち編~』

[日時]2010年11月21日(日)
18:00 open 19:00 start 22:00 close
[会場]銀座ブギウギ 中央区銀座6-3-16泰明ビル3F 03-5568-8221
[料金]前売3000円 当日3500円
出演:バーバラ村田、エミ・エレオノーラ、加納真実、あやちクローデルとイーガル 
MC: annie(紫ベビードール)
企画・制作:maticomatil

今年いっぱいで紫ベビードールを卒業する赤いやつ、マチルダ企画です。
ってことで、マチのブログから引用。


↓マチルダのブログから。

私は出演しませんが、企画制作を担当しております。
ちなみに当日は、気を回したりしております。
ハードコアな女性たちが集まった(※あ、イーガルは麗しいけど男性だ)、重くて激しい銀座の一夜。
ポップでアッパーなイベントが多い時流の中で、敢えてこういう空気を作ってみたいと常々思っていました。
イメージカラーは、黒。
強く艶やかで孤独な黒は、時としてどんな色よりも鮮やかで明るい。
個性的なアーティスト陣によるど迫力のステージを、たっぷりとご堪能下さい。
というわけで、ハードコアな出演者のご紹介。



【バーバラ村田 】

ダンス、演劇を経てマイムに出会う。
1997年にはロンドンに一年間マイム留学。
帰国後、東京都公認へブンアーティストライセンス取得。
ハンガーパペットやマスクを用い、一人二役で演じるバーレスクドラマ「バーバラビットのキャバレーショー」や、お客様とともに繰り広げるドタバタコメディ「ロミオとジュリエット」などの代表作で世界各地を巡演し、マイムにダンスや演劇、人形劇の要素を取り入れたドラマチックな作風で好評を博す。
海外での活動も多く、ライフマスクとマイムで演じるアーティスティックな作品「かたわれ」はスイス、ポーランド、フランスなどでも高い評価を得ている。
CX「笑っていいとも」他TV出演多数。

静岡大道芸を初めとする各地のフェスティバルや舞台、クラブイベントなどで活躍する他、自身の作、演出による舞台公演も精力的に行っている。

昼と夜、陰と陽、お外と穴ぐら行ったり来たりの身体激情エンターティナー。


【エミ・エレオノーラ 】
音楽芸者。
1990年ドイツのイベントオーガナイザーに「エレオノーラ」と命名され、
以来アンダーグラウンドからメジャーシーンまで、ジャンルを問わないボーダレスな活動を展開中。
92年結成のバンド「デミセミクエーバーのボーカリスト」としてインディーズ、メジャー、USデビューを果たす。
クラブ界隈での奇抜なピアノパフォーマンスによるソロ活動、作詩作曲家、本の出版、女優としても活躍中。

■作品
演劇
『ヘドウィグアンドアングリーインチ』(日本初演版)、イッセー尾形の音楽劇、
『三文オペラ』(宮本亜門演出)『中国の不思議な役人』(寺山修二、白井晃演出)他。

■著書
映画『プリシラ』ノベライズ、『何て素敵!』、『DRAG』(森園みるくの漫画の原作)

■楽曲提供
UA、三上博史、石川セリなど。


【加納真実 】
青いジャージに身を包み、今日も今日とてケモノ道、笑い道。
恐怖の中に笑いあり。
笑いの中に涙、無きにしもあらず。
日常を危うく生き抜くすべての大人と子供に捧げる、問答無用ボディブロウ型パントマイム。
騙されたと思って、ぜひ!



【あやちクローデル 】
唄う空間造形屋。
ゴージャスでシアトリカル、エモーショナルでハードコア。
老若男女、ヒトから物ノ怪 変幻自在。それはさながら女の万華鏡。
日本語シャンソンを中心にクルト・ヴァイル作品、
カンツォーネなどヨーロッパの曲を派手に唄い上げる。
でも和モノも唄う。
御存知浅草貴婦人会世話役。
ちんどんバンド『浅草稲妻団』ボーカル。
日常キャバレー歌手。
たまに歌のお姉さん。
たまに女優。
たまにモデル。



【イーガル 】
現代音楽作曲家武藤健城は、イーガルの名で歌手活動も行っている。
現代音楽作曲家としての経験を生かしたバラエティに富んだ作品と、艶やかで真っ直ぐな声に定評があり、イーガル独特の文学的な音楽世界に魅了されたファンは多く存在する。
数多くのアーティストに楽曲を提供、共演。
またバックバンドにはクラシックの演奏家を迎え、イーガルとロヮゾー・ナイフ(Ygal et L’oiseau Naif)として活動する一方、キャバレージャズバンド、フェム・エ・フェムではピアニストとして参加。
その他にもピアニスト、伴奏者として活躍。
またモデル、俳優としても活動している。



それぞれの出演者のステージに加え、今回はバーバラ村田×エミ・エレオノーラ、加納真実×あやちクローデルとイーガル等々、パフォーマーとミュージシャンの火花散るコラボもお送りします。

特に、バーバラさん×エミさんにご注目。
このブログの欧州ツアー編でたびたび登場した作品「かたわれ」を、エミ・エレオノーラさんの生演奏で、なんと即興コラボ。
二人の女の魂がぶつかり合いまた寄り添い、作品に新たな命が吹き込まれる瞬間を、どうかお見逃しなく。
ずっしり濃厚な「よるべナイト vol.2」、甘美な毒と衝撃を、愛をでくるんで皆様に。
[PR]
by takekiygalmuto | 2010-11-19 13:18 | 日記

今の心境。

ルカによる福音書 第21章5節~19節

ある人たちが、神殿が見事な石と奉納物で飾られていることを話していると、イエスは言われた。「あなたがたはこれらの物に見とれているが、一つの石も崩されずに他の石の上に残ることのない日が来る。」

そこで、彼らはイエスに尋ねた。「先生、では、そのことはいつ起こるのですか。また、そのことが起こるときには、どんな徴があるのですか。イエスは言われた。「惑わされないように気をつけなさい。わたしの名を名乗る者が大勢現れ、『わたしがそれだ』とか、『時は近づいた』とか言うが、ついて行ってはならない。戦争とか暴動のことを聞いても、おびえてはならない。こういうことがまず起こるにきまっているが、世の終わりはすぐには来ないからである。」そして更に、言われた。「民は民に、国は国に敵対して立ち上がる。そして、大きな地震があり、方々に飢饉や疫病が起こり、恐ろしい現象や著しい徴が天に現れる。しかし、これらのことがすべて怒る前に、人々はあなたがたに手を下して迫害し、会堂や牢に引き渡し、わたしの名のために王や総督の前に引っ張って行く。それはあなたがたにとって証しをする機会となる。だから、前もって弁明の準備をするまいと、心に決めなさい。どんな反対者でも、対抗も反論もできないような言葉と智恵を、わたしがあなたに授けるからである。あなたがたは親、兄弟、親族、友人にまで裏切られる。中には殺される者もいる。また、わたしの名のために、あなたがたはすべての人に憎まれる。しかし、あなたがたの髪の毛の一本も決してなくならない。忍耐によって、あなたがたは命をかち取りなさい。」





ルカは西暦90年頃に、キリスト教徒が迫害を受けている時代に福音書を書いたわけで、この記述の宮殿とはその当時にはもう失われていたエルサレムの神殿で、一般的にはその当時のキリスト教信者たちへの迫害に対する心構えなわけです。
つまりどんなに華やかにみえる宮殿でも何でも、形あるものには終わりがあり、その終わりを迎えるときには様々な問題が降りかかり、いろいろな人がいろいろなことを言って、大変混迷いたしますよ、ということです。




がんばろ!



って、何の話か全然分からんよね。笑
ま、そのうち正式発表があったら、お知らせします。
あ、別に僕が何かものすごい災難に巻き込まれてるとかじゃないですよーぅ。
[PR]
by takekiygalmuto | 2010-11-12 17:03 | 日記

今月のライブ

今週末は3つ!


1金曜日
フェムエフェム

『Parfums de France』
ジャパン・ミュージック・ウィークのリストバンドを持ってる人は1500円!

[ 会場 ] Fiat Space (http://fiatcaffe.jp/about/space.html)
[ 住所 ] 東京都港区北青山1-4-5 ロジェ青山
[ 時間 ] 20:00オープン
[ 料金 ] 2500円(1ドリンク付き)Japan music weekのリストバンドを持ってる人は1500円!
[ LIVE ] Caroline Loeb、フェムエフェム



2土曜日
フェムエフェム

『キャバレー青い部屋 pop'n roll cabaret!!』

[ 会場 ] 青い部屋 (http://www.aoiheya.com/)
[ 住所 ] 東京都渋谷区渋谷2-12-13 八千代ビルB1F
[ 時間 ] 18:00 (Open)/ 23:00 (Close)
[ 料金 ] 3,000円 (1drink 別)
[ LIVE ] フェム エ フェム
[ GUEST] Alek et les Japonaises、ボランドール劇団
[ SHOW ] 紫ベビードール、チャタ、Safi、コッペリア
[ MC ] モーレツ屋のミーヤ


3日曜日
蜘蛛女の逆襲

『月世界キャバレー』

場所:月見ル君想フ
Op18:00  St 19:00 
前 2,000 当 2,500 +1D別
出演:蜘蛛女の逆襲、エルナ・フェラガ~モ+しばたごろう、チャタ、バルタンシルビー


ということでざっくり告知!
今月は何と! 週末はほぼライブしてます。

その次は来週末!

21日は昼夜、両方ライブです!


2010年11月21日(日)
『キャバレーボジョレー』

[ 会場 ] 東京日仏学院ラ・ブラスリー (http://www.ifjtokyo.or.jp/)
[ 住所 ] 東京都新宿区市谷船河原町15
[ 時間 ] 11:45 オープン
[ 料金 ] 6,000円(食事付、ボジョレー飲み放題)
[ LIVE ] Caroline Loeb、フェムエフェム


2010年11月21日(日)
『バーバラ村田のよるべナイトvol.2~ハードコアな女たち編~』

[日時]2010年11月21日(日)
18:00 open 19:00 start 22:00 close
[会場]銀座ブギウギ 中央区銀座6-3-16泰明ビル3F 03-5568-8221
[料金]前売3000円 当日3500円
出演:バーバラ村田、エミ・エレオノーラ、加納真実、あやちクローデルとイーガル 他にもすごいシークレットゲスト
MC: annie(紫ベビードール)
企画・制作:maticomatil


そん次の週は!
なんとイーガルソロプロジェクト!といいつつバンドで出るんですが、
バックバンドはロヮゾー・ナイフではないのです。

2010年11月27日(土)
「ハニードライブvol.0」
江古田バディ
open:18:30 start:19:00
料金:2000円(ドリンク別)
出演:
Hanie Buzz、DRIEDBONITO、市川ミコル、イーガル


日曜日はあやちとライブさ。


2010年11月28日
『あやちクローデルとイーガルのお座敷シャンソンショウ』
2000円+ドリンク代
限定10名様
20時オープン
浅草 鈴楼
[PR]
by takekiygalmuto | 2010-11-11 12:26 | 日記

昨日のライブ

とにかく楽しすぎました。
もうね、最初から最後までずーっと楽しいイベントでした。

ら・シャララも最高だし、しかもももちゃんもヴォーカルで参加!
ワクワクドキドキでした。

宮川久志君のフォルクローレにも小春ちゃんがアコーディオンで参加してくれたり、
高田洋介さんと中西レモンさんの三味線デュオも大変やりたい放題で素晴らしかったし、
山田率いるVideo Brotherったら最高なんだけど、
とにかく、山田のMCが何言ってんだかわかんないくらい噛みまくり。
これは一体どうしたことかって感じでした。
しかも僕はVideo Brotherと1曲コラボ。「地球は回る」を歌いました。

んで、オレの勝手なわがままで、最後にチャランポランタンも2曲やってくれて
ホント良かった。
けど、突然演奏して、とか言ったりして良くなかったなァ、イベント後反省…。
すみませんでした。そしてありがとう、小春ちゃん、ももちゃん。

んで、2か月ぶりのイーガルとロヮゾー・ナイフ。
やっぱりとっても楽しかった。
今回は真面目にやりました。
いや、ホントだよ。


2010年11月7日(日)
「秋の音楽~Lifr is Music」
場所:池袋 鈴ん小屋 
出演:イーガルとロヮゾー・ナイフ、Video Brother、宮川久志、高田洋介+中西レモン、ら・シャララ


イーガルとロヮゾー・ナイフ
セットリスト

カッコいいバンド
黒い蝙蝠
リラの門の切符きり
ブルジョワジーの密かな愉しみ
壁のうた
秋の日
どしゃぶりの雨の中で
スペースカメラ

アンコール(即興弾き語り)
お題:愛とお金とジャン=フィリップ(僕の犬)


という感じでしたー。
いやー、いやー。
出演者みんな素敵でした。
楽しい夜だった!
[PR]
by takekiygalmuto | 2010-11-08 18:20 | 日記

秋の音楽

明日はライブです!
何といつの間にやら2か月ぶりのイーガルとロヮゾー・ナイフ。

2010年11月7日(日)
「秋の音楽~Lifr is Music」
18:00オープン 18:30スタート
2500円(1D)
場所:池袋 鈴ん小屋 
出演:イーガルとロヮゾー・ナイフ、Video Brother、宮川久志、高田洋介+中西レモン、ら・シャララ



最近、宮川君とリハをしてるんだけど
彼は凄腕クラシックギタリストなんですが、今回は
フォルクローレ。
これがまためちゃめちゃ凄いんだなァ。
さらにチャランポランタンのももちゃんもゲストヴォーカルで出るよ!
山田率いるVideo Brotherも出るよ!

だからさ、
来たらいいと思います。
[PR]
by takekiygalmuto | 2010-11-06 11:08 | 日記

10月の読書

10月はどうやら結構本を読みました。
何かキリスト教関連の本が多いけど…さ。



『探偵宣言』 芦辺拓
何か昔お会いしたことあるミステリー作家の人で
そう言えばまったく読んだことなかったから読んでみた。
何となーく、何となーくな感じですぐ読み終わりました。



『100分聖書』  マイケル・ヒントン
英国国教会の監修の聖書抜粋版。
作った理由が、全世界で最も買われていて最も読まれていない本の要約版、ということなので
確かにざっくり要約だけどとっても分かり易い。
特に旧約聖書の創世記からバビロン捕囚までの流れがかなり簡潔に分かるので
ざっくり聖書としては大変素晴らしかったです。


『僕たちが聖書について知りたかったこと』 池澤夏樹
聖書について知りたかったことは全然分かりませんでした。
聖書というか、ほぼ旧約聖書の成り立ちというか、どういう伝統の上に
ユダヤ教が成り立って、いかにキリスト教との差があるか、っていうような感じの対談集。
対談相手が立教の先生だからもう少し新約の話もたくさんあるのかなー、と
思ったら違った!


『預言者』 カリール・ジブラン
久しぶりに何か、胸に響いた小説。
小説というか散文詩というか、ホントに短い話なんだけど、
何ていうか、生きるときに大切なことを事細かに教えてくれる本な気がした。




『シェイクスピア&カンパニー書店の優しき日々』ジェレミー・マーサー
パリにある実在の書店の日々を作者が綴ったもの。
いろんな人が来て、その書店に寝泊まりしながら小説を書いたり、
グダグダしたりしてる。
店主がコミュニスト的な思想で、
ちょっと僕にはコミュニズムはあんまり理解できないので
結構冷めた感じで読んでしまったけれど、
好きな人は好きなんだろうなー、この本。というような大変良質な本ではあると思います。


『ロシアの文豪が子供のころ聞いた旧約聖書物語(上・下)』 アレクサンドル・ソコロフ編
19世紀末のロシアで大勢の人に読まれていたらしい旧約聖書の抜粋版。
前述の100分聖書よりもより詳しく書いてある。ただ流れを追うのであれば、
100分聖書の方がシンプルで分かり易かったので、読む順番としては
100分聖書が先で良かったなー、って思った。
てか正直旧約聖書を全部ちゃんと読むのはしんどいから
この本とっても良かったです。


『文士の魂・文士の生魑魅』 車谷長吉
車谷長吉がおおくりする様々なジャンルの小説紹介と車谷の半生を織り交ぜた
大変読み応えのある、但し小説をあんまり読んでない人には
全然役に立たなそうなエッセイ集。
別にマニアックではないけれど、日本近代文学をある程度知ってないと
読んでも面白くないかもなーって本でした。



『ユタと不思議な仲間たち』 三浦哲郎
田舎に引っ越してきた都会の少年が座敷わらしたちと仲良くなって
成長していう話。
あっという間に読める子供向けの寓話。
すごく素敵だった。
水上勉の『ブンナよ、木からおりてこい』も大変素晴らしい児童文学だったけど、
これもとっても良かったです。


『動物農園』 ジョージ・オーウェル
レーニンとトロツキーの確執を動物たちが自分たちで運営する農場にたとえた話。
正直僕はあんまりおもしろくなかった。



『水晶』 アーダルベルト・シュティフター
伴田良輔さんに勧められて読んだ。
奇跡のように美しい小説。クリスマスイブに山の中で迷子になってしまった幼い兄妹が
一夜を山で過ごして幻想的な水晶みたいな氷の洞窟で過ごす。
幻想的でありながら、そこに19世紀には廃れつつあったドイツロマン主義の美しさもあって
さらに何よりも自然描写が本当に素晴らしい。
伴田さん、ありがとうございました。何か、とっても良かったです。



『人性論』 デイヴィッド・ヒューム
僕は基本的には19世紀前半くらいまでのドイツ的な考え方で生きてしまってるので
イギリスの合理主義というのをちょっと学ばねばって気持ちで読んだ。
まァ人性論というからには一体どのように人の思考は成り立ってゆくのかという内容なんだけど、
ヒュームの思考の道筋というか、そういうところから何となーくイギリス的な思考回路が
見えたかもっていう感じでした。
ただ言及する事柄がシンプルであるが故にちゃんとした理解が大変でした。ていうか
多分ちゃんとは理解できてない。


『薔薇の名前(上・下)』 ウンベルト・エーコ
中世イタリアの修道院で起きた連続殺人事件の話。
ミステリーとしても大変面白いとは思うんだけど、僕には
中世のキリスト教の混沌具合を何となく理解できた雰囲気で
良かったです。
てか、エーコの小説、違うのも読もうかなって気になった。


『キリスト教』 ブライアン・ウィルソン
ユダヤ教からいかにキリスト教は発生し現代に至るのかという説明。
とりあえずざっきりキリスト教が現代でどんな方向に向かっているのかは
見える。






さーてさて、僕は現在、エミール・ゾラの『居酒屋』を読んでます。
ほぼ昼ドラです。
女同士棍棒で殴り合ったり、そりゃあもう凄いです。
[PR]
by takekiygalmuto | 2010-11-04 02:13 | 日記

先週末から今週前半

金曜深夜、
台風に刃向うように行きました、静岡市清水区。

ホント、カメに餌をやるためだけに嵐を越えていくとか、
何か途中から楽しくなってきて、ウキウキでした☆

土曜日は台風を耐え忍ぶ感じでほぼ一日外出せず
日曜日の午前中から東京に帰ってきた。


んでもって、
吉祥寺でルミエさんバースデーライブ。
僕はイケメンビッグバンドHumping Rabbitsででました~。
楽しかった!


月曜日は、
あやちクローデルとハットリーヌとサフィさんとチャタさんとバーバラ村田とマチルダと
鹿肉を食らう会。

何気に清水ではイルカを食べてきたから
二日続けて、
マイナー肉を食す。


いっぱいいろんな料理作って楽しかった~。


火曜日はグダグダすごして、
本日水曜日は
ゴールデン街で飲んだくれて帰宅。


今週もいつも通りなグダグダ感でお送りしております。
[PR]
by takekiygalmuto | 2010-11-04 01:40 | 日記