作曲家/ピアニスト 武藤健城(イーガル)の公演情報などなど日々の白昼夢。


by takekiygalmuto

<   2010年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

11月、12月の読書

11月、12月は何とまァ、ヒドい読書をしました。
こういう乱読はしちゃいけないとは分かっているんですが、
11月後半から約1か月、何故だか意味もなく
日本の量産型作家のミステリーを読み狂うという、
真におかしなことし続けていたので、大体1日1冊、もしくは2冊。
あーっという間に読んでしまうんですな。
赤川次郎やら西村京太郎やら。

そして分かったことが一つ。
西村京太郎は(特に初期作品に関して)大変素晴らしい作家だということです。
ミステリーという範疇だけでは語れない、切実な人間模様を書ける人だと知ったことです。
赤川次郎も初期作品は意外と面白かった。
他の量産型ミステリー作家については、良く分からなかったです。

ということで、そのようなミステリーは割愛しつつ。


11月。

『居酒屋』エミール・ゾラ

最高の昼ドラでした。
これはホントに素晴らしい。何で今まで、ゾラを馬鹿にしてきたのか。
ゾラが大衆というものを愚かであるがゆえに愛おしいと思っている気持ちが
伝わってくる。これはもう、『ナナ』も読まなきゃ。


「トマス・アクィナス『神学大全』」稲垣良典

中世の神学者アクィナスの神学大全の解説ではあるんだけど、
この解説に全く納得がいかなかったし、もしこの解説が正しいのであれば、
僕にとってアクィナスは何ら必要がないと思った。


『突囲表演』残雪

現代中国の偉大な作家、残雪。
超技巧的な1940年代のフランスヌーヴォーロマンを彷彿とさせる作品で、
一人の人間のことを様々な視点から語る。
その語られる女の年齢すら、人々の見解で大きく差があったり、
小説の中で次々に現れる矛盾。それをそのまま矛盾として並べていくというのは、
作家として並大抵の技量ではない。
素晴らしすぎます。


『黒いピエロ』ロジェ・グルニエ

グルニエの中編。気休め程度に読んだのですが、
あまりぐっとくる部分もなく、無難に纏まった小説でした。


『エイブ・リンカーン』吉野源三郎

世界で最も偉かったであろう人の一人、リンカーンの伝記。
いやー、思ってた以上に偉かった!
偉人って偉い!ということを再確認した良書。
また読みたい。一家に一冊!



『イニシエーション ラブ』 乾くるみ

最後の一行で驚愕、絶対にまた読みたくなる、といううたい文句。
へー。
何と言うか前半を読んでる間にトリックに予想がついてしまったので、
別に再読したくなりませんでした。


『悪魔が来りて笛を吹く』 横溝正史

同居人が八ツ墓村へ行くという用事に合わせるように横溝正史を読んでみた。
悪魔が来て笛を吹いてました、ヒュー。


『猫風船』  松山巌
松山巌の『日光』という小説が大好きなんだけど、
何と言うか、この短編集。やや消化不良な感じはあったけれど、
それなりにそれなりな短編集でした。


『最後の晩餐の作り方』  ジョン・ランチェスター

なぜ、皆、この本を読まないのか。
最強に美食に狂った男の、これでもかというほどのヨーロッパの料理解説が続く。
小説なのかエッセイなのか分からない不可思議な始まりから、ラストまで
とにかく美食に関する言及と家族の思い出が語られてゆく。
ぜひとも読んだ方がいい小説。そして、新潮文庫はこの小説を増刷しないので、
近々廃版になりそうな予感。


11月後半。
内田康夫×2冊。
西村京太郎×1冊。
アガサ・クリスティー×1冊。
山村美沙×1冊。

西村京太郎初体験は素晴らしい小説でしたよ、「寝台特急殺人事件」。

12月。
西村京太郎×7冊。
山村美沙×2冊。
赤川次郎×5冊。
泡坂妻夫、森村誠一、各1冊。

だから西村京太郎の哀愁ってなんだろう、ということが今年後半の発見です。
「終着駅殺人事件」、泣きそうになる。


『僕の東京地図』サトウハチロー

昔むかしの東京の、サトウハチロー的名店めぐり。
今は無き東京の姿がそこにあるようで、読んでいて、
行ったことも見たこともない場所が懐かしく思える。
ホントに素敵で偏見に満ちた東京エッセイ。


『日本人とユダヤ人』イザヤ・ベンダサン

日本人の著者が名前を変えて、ユダヤ人の体で書いた日本人論。
何というか、ユダヤ人の対立軸として日本人を置いたときに生じてしまう矛盾。
ユダヤ人は明確な立場がある。それに比べて、日本人の場合、
ヨーロッパ諸国の人種やアジア諸国の人種と日本人の差異と共通性を明確にしなければ、
比較対象として成り立たないと思うのだけれど、そこを無視して
論を展開していくので、何を言っても土台の無い空論な気がしてしまって、
何一つ胸に響かなかった。



『私の中の聖書』曽野綾子

大変良い本だとは思う反面、キリスト教徒でありながら、
ちょっとあくどい感じの本を出したり、仕事をしたりしてる著者自身が
なんとなーく、キリスト教精神と自分の行動の矛盾を
遠まわしに言い訳にした気もしないでもない。
でも、そういうことは関係なく、聖書のたくさんの部分から得た著者の想いというものは
共感できるし、1年の最後に読めて良かった。
[PR]
by takekiygalmuto | 2010-12-30 08:12 | 日記

ひとまず、終了。

先週は何と毎日演奏をせねばならぬという、
音楽家のクリスマス特需で、全然休みもなく頑張ったら、
今週はいった途端に体がダルい。
犬の散歩以外は家におります。

24日の青い部屋は、キャバレー青い部屋に続いて、
超豪華オールキャストな出演者で、
楽しく終わった。

イーガルとロヮゾー・ナイフは
ゲストヴォーカルに響レイ奈ちゃん。
ダンサーにBeeちゃんとジェーンちゃん。
トランペットにバルビーの長谷川素子に
サックスはるっぱ。
めちゃめちゃ人数多かったし、楽しかった!


セットリスト

カッコいいバンド
お金持ちのラブソング
酒場のパロール
Moon Night Bossa(デュエット)
恋のスクランブル交差点(デュエット)
ピストルと女(レイ奈)
壁のうた
地球は回る
幼年


やりきりました。楽しかった!!


そして25日は広島のヲルガン座の青い部屋での初イベント!
オナン・スペルマーメイドと一緒に出ました。
これがもしかしたら最後のステージになってしまうかもしれない青い部屋で
一番最後にオナンと一緒に出来た曲が
僕が作った「星空のセイル」だったのも感慨深くて、
何か24日のロヮゾーに続いて、
自分なりの区切りが出来た。

これから青い部屋がどうなるのか、まだ分からないけれど、
続いても、無くなってしまっても、
とにかく、ひと段落です。


26日は浅草鈴楼で忘年会ライブ!

あやちクローデルの全リクエスト制ライブ。
俺ときくちまゆこちゃんで伴奏しました。
全然やったことない曲ばっかっ!
スリリングすぎっ!
まゆこちゃんとの連弾楽しかった!


さァ。
これでとりあえず、大みそかのパーティーに向けて、
準備準備。
[PR]
by takekiygalmuto | 2010-12-28 17:09 | 日記
こりゃもうすげーわ。
キャバレー青い部屋に続いて、豪華メンバーでお送りする青い部屋のクリスマスイブ!
俺はイーガルとロヮゾー・ナイフ、バルタン・シルビー、蜘蛛女の逆襲で出ます。

バルタンが0時15分、
ロヮゾーが0時45分、
蜘蛛女は4時前からです。


「青い部屋救済企画クリスマスイブ編!」
出演/戸川昌子&エミ・エレオノーラ、Miss Cabaretta&THE MINNESOTA VOO DOO MEN、
カンザスシティバンド、▲sとsafi、バルタンシルビー、イーガルとロヮゾーナイフ、 響レイ奈、
紫ベビードール、愛、バーバラ村田、チャタ、BEE&JANE、チャリーズ、ラ・サプリメント・ビバ、
チャラン・ポ・ランタン、
蜘蛛女の逆襲(safi+あやちクローデル+空中紳士+K+田中まさよし+イーガル+るっぱ+よいっち+紫竹芳之+ビブラスキ)
DJ:アモーレ・ヒロスケ、るっぱ、ビブラスキ
ゲストバーテンダー:愛&NASA
19:00OPEN 5:00CLOSE/予約¥3,000当日¥3,500
(共にDRINK代+¥500)
http://www.aoiheya.com/shcedule.html
[PR]
by takekiygalmuto | 2010-12-23 23:40 | 日記

ノルウェイの森

見ました、ノルウェイの森。
僕は、かなりいい映画だと思いました。

でも最初に言っておきたいのは、
僕は、監督のトラン・アン・ユンも原作の村上春樹も
出演してる俳優も女優も全然好きじゃないので、
何にも思い入れがない。
それなのに見ようと思ったのは、別に理由とかないので
最初から全然何も期待してなかった。

僕にとってのトラン・アン・ユンは、
フランス出資のベトナム映画を撮る監督で
極めて映像の美しい、同レコ(撮影と同時に台詞も撮る)多様で
説明が少ない映画を撮る人。
台湾のツァイ・ミンリャンとか、中国のジャ・ジャンクーとか、
マレーシアのヤスミン・アハマドとか、
静謐な時間が流れてゆく、現代のアジア映画の特徴と
合致している監督だと思う。
といっても、ものすごく好きな監督というわけでは無いのだけど、
すごくいい映画を作る人だと思う。

一方、村上春樹の小説は、全然好きじゃないのに大体読んでいて、
僕の中の村上春樹というのがある。
彼は関西生まれであるのに東京に来て、関西の言語を捨てて小説を書いた。
そして、そのあとはアメリカに渡って、日本語を捨てて英語で書いたものを
再度日本語に翻訳して小説を発表している。
つまり、彼は自分のアイデンティティとなる言語を捨て続けながら、
小説を書いている。
それがどういうことなのかと言えば、僕が思うには、
言語への信頼を捨てて行くことなのだと思う。
つまり、言葉は言葉であり、その裏側にあるものを明確に表現し得るものではないことを
前提にして、それでも言葉で表現することによって、
一つひとつの言葉の持つ曖昧さを理解しつつ、それでも言語を愛そうとしているのだと思う。
だから村上春樹の小説は、表面だけを読めばよくて、その裏側に何物も隠れていない。
裏側に深い意味を読みたい人は勝手に読めばいいし、
何も無い表面だけの物語を読んでもよい。
極めて表面的な言葉の羅列であるからこそ、読む人が勝手な解釈をくわえられて、
それが著者の本意でないとしても、読みとることが可能になる。
そういう小説家であると思うので、何ていうかポストモダニズムな、
今ではもう古くなってしまった世代の小説家だと僕は思っている。
そして、僕は全然好きじゃないけれど、表面的な物語だけを追っていけば、
空虚で空虚で、それはそれでいいんじゃないかと思う。

トラン・アン・ユンは、そういう村上春樹の表面的な物語を
美しい映像に変えて、裏側にあるかもしれない葛藤は全然描かなかった。
物語の中であるとは言え、人間が奥深くにある葛藤は、
各々が勝手に解決せざるをえない。
その部分を何も描かずに、各々が他者との間にある関係性だけを映像にした。
それが見る方にとっては何も意味のない無意味なものに思えるかもしれないし、
矛盾を孕み過ぎた行動に違和感を感じるかもしれない。
しかし、それは映画を見るときに、
キャラクターにはブレない個性を求めるという気持ちが前提としてあるからだと思う。
しかし、現実を見れば、常に人は矛盾を孕んで行動しているし、
他者との間に現れる「自分」というものが決してすべてでは無い。
そういう意味で、村上春樹の原作を極めて忠実に、大切に映画化している。
むしろ、トラン・アン・ユンの世界観に原作が合致していると言ったほうがいいのかもしれない。

村上春樹が大好きな人にとっては
色々思うところがあるのかもしれないし、
商業主義的な映画ばかりを見ていれば
規定されないキャラクターの個性に戸惑うかもしれないけれど、
僕はとても良かったです。

ということで、
空虚で仕方ないし、
美しい映像が美しすぎるし、
夢物語みたいな映画だけれど、
また見たいです。
[PR]
by takekiygalmuto | 2010-12-20 13:02 | 日記
なーんか今週とっても疲れてると思ったら
先週末は最後のキャバレー青い部屋でした。

次から次へとたくさん出てくる素晴らしい人たち!
最初っから最後までどこを見ても楽しいキャバレーでした。


何か、この何年かの自分を総括できたというか、
出会ったたくさんの人たちと
最後のキャバレーを出来てホントに良かったです。


何にも言葉にならないけど、
とにかく楽しいキャバレーでした!

ありがとうございました!


24日はイーガルとロヮゾー・ナイフで
青い部屋、最後の出演です!

2010年12月24日(金)
「青い部屋救済企画クリスマスイブ編!」 @渋谷 青い部屋
19:00 start 05:00 close 【料金】前売り3000円 当日3500円(共にドリンク代別)

【出演】
戸川昌子&エミ・エレオノーラ、Miss Cabaretta&THE MINNESOTA VOODOOMEN、カンザスシティバンド、▲sとsafi、バルタンシルビー、イーガルとロヮゾーナイフ、 響レイ奈、蜘蛛女の逆襲(safi+あやちクローデル+空中紳士+K+田中まさよし+イーガル+るっぱ+よいっち+ビブラスキ+紫竹芳之)、愛、バーバラ村田、チャタ、紫ベビードール、BEE&JANE、チャリーズ 他! 
ゲストバーテン:愛


渋谷 青い部屋
東京都渋谷区渋谷2-12-13八千代ビルB1F TEL: 03-3407-3564
[PR]
by takekiygalmuto | 2010-12-19 14:37 | 日記
とうとう明日です。
「キャバレー青い部屋」の最終回。
いろんなところでいろんな人がいろんな準備をしてます。
僕もここ2週間くらい、リハやらアレンジやら話し合いやら
飲み過ぎやらで大変ですが、
とにかく明日で最後です。

いろんな人がコラボします。
出演者は、これまた最強。
すごすぎます。

ちなみに僕は
今のところ、
フェムエフェム
エルナ・フェラガ~モ
あやちクローデルとSafi
に出演します。
もしかしたら、も少し増えるかもしれないけど、
それは当日のお楽しみ!

何かね、一人で準備してても
他の場所でみんなが各々の準備をしてるんだと思うと、
大変だけど、楽しくて仕方が無い!

明日はね、みんな、這ってでも来い!


★12/11(土)
「キャバレー青い部屋 ~ラスト・チャンス・キャバレー~」
@渋谷 青い部屋

20:00 OPEN 21:00 START 5:00 CLOSE
3000円 (ドリンク代別途 +500円)

【出演】 フェムエフェム、紫ベビードール、チャタ、
セクシーDAVINCI、Safi、コッペリア(紫ベビードール)

【GUEST】 エミ・エレオノーラ、エルナ・フェラガ~モ、
バーバラ村田、Cherry Typhoon、あやちクローデル、
バロンと世界一周トリオ、The Doopers、愛

【GUEST DJ】 ビブラスキ(Betty Angelica)

【マダム】 戸川昌子

【MC】 モーレツ屋のミーヤ


【タイムテーブル】

20:00 オープン

~第1部~

21:00 フェムエフェム
21:30 バロンと世界一周トリオ
22:00 紫ベビードール
22:25 エルナ・フェラガ~モ
22:50 コッペリアと愉快な仲間たち
23:10 セクシーDAVINCI
23:35 戸川昌子
0:05 テキーラタイム
0:30 愛

~第2部~

1:00 フェムエフェム
1:15 バーバラ村田 with チャタ
1:40 エミ・エレオノーラ
2:05 Cherry Typhoon
2:25 The Doopers
2:55 あやちクローデルとSafi
3:15 紫ベビードール with Cherry Typhoon
3:35 戸川昌子
4:00 フェムエフェム、青い部屋救済チャリティーオークション
4:35 チャタ
[PR]
by takekiygalmuto | 2010-12-11 02:50 | 日記

遊んだ一日。

昨日は午後から六本木へ。

何だか森ビルの一番上が3Dプラネタリウムになっているという噂で
行ってみました。

んで、行ってみたら3Dというか、
大きな部屋の中にある程度精密に再現した宇宙空間があるわけです。
暗い部屋の中に天井からつるされたたくさんの星。
魅惑的だった。

そのあとに森美術館に行ったんですが
プラネタリウムの料金に含まれてるしさー、
ざっと見てきちゃおうかな、とか思ったら、
全然そんなことできなかった。

凄まじく良い展覧会でした。
「小谷元彦展 幽玄の視覚」今年行った展覧会で一番でした。

何ていうか、言葉にすれば軽薄になってしまうので
見るしかないというような作品ばかりだった。

まず見た目の美しさが素晴らしくて、
残酷で幻想的でそれだけで、それが何の意味も持っていなくても
ポップアートとしての美しさがある。
例えば、ドレスが展示してあって、その見た目がまず美しいのに
それは髪の毛で編まれている。
表面に見えるものの(たとえそれがグロテスクであろうとも)美しさと
それが何によって成されているかという部分の混沌とした人間の生が
同時に見えるようで、どの作品もぐっときた。

天井と床が鏡張りで、壁がすべて滝の映像になっている内部に入る。
そこに座っていると、まるでどこかへ落ちていくような気持ちになるような
体感型の作品もあったし、
グロテスクで美しくて、しかも軽薄じゃないて何て大切なんだろうと思った。


さてさて、夜は
浅草ドラフターズ2010。
浅草の小さな場所で同時多発ライブ!

とりあえずあやちを見に行って、
そのあと浅草ジンタを見にいったら満員で入れないから
外で踊って、
最後はSafiさんを見て、なぎら健壱を見て帰ってきた。


大変楽しい一日でした!
[PR]
by takekiygalmuto | 2010-12-05 14:01 | 日記
2010年12月11日(土)
「キャバレー青い部屋-ラスト・チャンス・キャバレー-」
21:00 start 05:00 close
【料金】3000円(ワンドリンク別)

長年のご愛顧、誠にありがとうございました!本年をもちまして「キャバレー青い部屋」は、終了となります。フィナーレとなる12月は、キャバレーメンバーそろい踏み、ゆかりあるゲストも大集合!ありがとう青い部屋!卒業大スペシャル!!


【出演】
フェムエフェム、紫ベビードール、チャタ、セクシーDAVINCI、Safi、コッペリア(紫ベビードール)
【GUEST】
エミ・エレオノーラ、エルナ・フェラガ~モ、バーバラ村田、Cherry Typhoon、あやちクローデル、バロンなかざわ、The Doopers 、愛
【マダム】
戸川昌子
【MC】
モーレツ屋のミーヤ
渋谷 青い部屋
東京都渋谷区渋谷2-12-13八千代ビルB1F TEL: 03-3407-3564


とうとうやってきてしまいました。
最後のキャバレー青い部屋。
青い部屋の名物イベントが終わってしまう。
というか、年末で青い部屋が閉鎖になってしまうかもしれない。
何か一つの時代が終わっていくのかもしれない、という気さえしちゃう。
多分ね、ものすごく混みます。
別に予約はいらないけど、
はやく来た方がいいです。

相当すごいです。
もう、集大成な感じです。
[PR]
by takekiygalmuto | 2010-12-02 12:14 | 日記