作曲家/ピアニスト 武藤健城(イーガル)の公演情報などなど日々の白昼夢。


by takekiygalmuto

<   2011年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

明日のライブ。

結構、急きょライブが決まりました。
というか、明日。

ロヮゾー・ナイフのドラマーでもあり、ARiTA+のリーダー、恭子ちゃん主催!
地震の後で迷った末の決断で、ライブをやりたいという、
何か今までは俺が自分が決めたライブにロヮゾー・ナイフのメンバーが出てもらっていたのがほとんどだったけど、、
こうやって、メンバーからロヮゾーで出て欲しいって言われると、
嬉しい。
そして、今回はなぜかメンバーから、この曲をやりたい!っていうものすごく
積極的な意見がたくさん。
セットリストも今までとちょっと違います。
かなり、まじめにやります。

ミュージックチャージ500円に、
素敵レストランなので、ドリンクとフード1オーダーですが、
ミニマムでチャージ入れても2000円くらい。
銀座で、オサレなご飯を食べたいと思ったら来てくださいなっ!
晩御飯をイーガルと!

イーガルとロヮゾー・ナイフは21時からです☆

2011年3月30日(水)
出演:ARiTA+ , イーガルとロヮゾーナイフ
場所:アンデパンダン銀座  東京都中央区銀座6-7-18 デイム銀座ビル2F
HP
Start
20:00〜 ARiTA+
21:00〜 イーガルとロヮゾーナイフ
Charge: ¥500 + 1Drink 1Food minimum oreder
[PR]
by takekiygalmuto | 2011-03-29 19:29 | 日記

地震がおきて。

せんがわ劇場の人形演劇祭に出演してから
自分の中で色々なことを考えているうちに、
地震がやってきて、舞台に出演してどう思ったか、とか、
書いている場合じゃなくなってしまった。

しかも、今更何を書けばいいのか分からないけれど、
とにかく、バーバラ村田さん空中紳士と、ひとつの作品を作れたことは
本当にうれしかったし、楽しかった。
芸術作品を作るって、それは常に、正解の無い問いに、正解を出し続けることなのだと思った。
リハーサル中に、ふとした自分の音が、間違いだと思う。
そうすると、あの音は違うとバーバラさんが言う。
空中紳士も違うと言う。
これだ、と思った音には、みんなこれだ、と言う。
それだけみんなの意識の中に、共通の答えが見えていたのだと思う。
何とも幸せな舞台でした。
関われて、本当に良かった!

前半のながめくらしつも、本当に美しくて、
何かフェリーニの映画を思い出した。
魂のジュリエッタとか。現実の中に突然現れる幻想を追い求めるようなジャグリング。

チケットは早々売り切れてたり、
劇場のキャパが小さかったこともあるけど、
見られた人は、すごくラッキーだったと思います。

ぜひ、再演をっ!

マチルダが撮ってくれたリハの写真。
c0077204_15235660.jpg


☆☆☆

そして、地震が起きたとき、僕は渋谷駅にいたんだけど、
何とかまァ、相当パニクってたんだろうね。
家に一人で待ってる犬、ジャン=フィリップのことが心配で心配で、
速効タクシーで帰りました。
渋谷から1時間。
家に帰ってみたら、同居人も仕事を切り上げて帰ってきていて、
ジャンは無事。本棚が一つ、壊れてました。おかげで、まだ、
一部屋、本に埋め尽くされているけど、それくらいで済んで良かった。

しかも家に帰ってから、まだ、その日の夜のライブのことを考えてたりして、
ちょっと遅刻しちゃうかもな、だなんて、
全然冷静じゃなかった。
結果的には3月11日からすべてライブは中止。
だけど、ブギウギでチャリティーライブに出た。

チャリティーは分かるんだけど、実際問題、俺には金が無い。
震災の大きさも考えると迷ったけれど、
月曜日に出た分だけは、僕はチャリティーとは言え、ギャラをもらった。
生活費ということもあったけれど、何となく自分の手で、
自分が思うところから寄付をしようと思って、
生活費だけ貰って、あとは寄付にした。
演奏して良かったのか悪かったのかも分からないし、
ギャラをもらって良かったのか悪かったのかも分からない。
たくさんのミュージシャンたちでやったチャリティーだから
そこから一緒に寄付をすればいいのかもしれないけれど、
何だろう、何か思うところがあった。
理由は全然分からないけど。

こういう事態に対して何が正解なのか、いろいろ意見はあるかもしれないが、
僕は自分の生活を守りたい。
人に何が出来るのか、を考えたときに、音楽家にできることは限られている。
今、動いても何にもならない。
そういう無力さのジレンマは大きいけれど、復興が始まれば、
希望を与える力を持った音楽は、本領を発揮できる。
その為には、自分の安定も考えたい。

現在、かなりの数のライブが中止になっているし、
ライブをすべき、すべきではない、とかなり意見が割れている。
僕はどっちの気持ちも分かるのだけれど、
ただ単に、今そういう時期じゃないから自粛、というのであればやればいいと思っている。
結局、ライブハウスも商売なんだし、このまま公演を行えない状態が続けば、
つぶれてしまう。
しかし、一方「何か」があったときに責任を取れないという問題も残る。
結局は、各々のライブハウスの判断の下、僕らミュージシャンは動くしかない、というのが
現状なのだと思う。
そしてその中で、震災のチャリティーなのか、ライブハウスを救うためなのか、
自分の中での認識が無ければいけないと思う。

今は正直、音楽家にとってすごく難しい状況で、
というか日本の人たちみんなが難しい状況で、
何を求めて、何をしていくのかが分からないことも多い。
自分は対して有名でも無く、影響力も小さいけれど、
それでも音楽がある限り、
ずっと音楽を続けていくしかないのだと思う。
きっと他の人たちも、自分の存在意義を考えているだろうし、
何があっても、自分の信じたことをやるしかないんだろうと思う。


☆☆☆

というわけで、大混乱の中、いろいろイベントも延期、日程も確定してきました。
まるっきりぶっとんじゃったイベントもあるし、
改めてやるイベントもある。

昔誰かに言われた
「今日の演奏が一生で最後になるかもしれない、って常に思ってやりなさい。」
という言葉が本当に身にしみて、
一回一回、今まで以上に大切にやっていきたいと思ってます。
[PR]
by takekiygalmuto | 2011-03-22 15:17 | 日記

今日は人形演劇祭!

2011年3月4日(金)
人形演劇祭inochi
「路上からのアプローチ」バーバラ村田と音の人×ながめくらしつの二本立て公演」
調布 せんがわ劇場
19:00 開演
問合せ 調布市せんがわ劇場
   TEL.03-3300-0611


相当素敵な作品になりました。
小春や目黒君たちのながめくらしつも、バーバラ村田のかたわれも、
ホントにいい作品です。


前売は完売してますが、
当日券が若干用意されてるようです。
18時半からせんがわ劇場にて受付!


来てね、来てね☆
[PR]
by takekiygalmuto | 2011-03-04 09:35 | 日記

円盤無事終了。

昨日の円盤でのイベントは、
サブカル臭ムンムンで楽しかったです!

「日々の音楽〜ブキコから〜」
出演:ムスキ・アルバボ・リー/a qui avec Gabriel × K.mical/イーガルとロヮゾーナイフ

変な名前の人たちばかりで、
変なことしました。
ムスキ・アルバボ・リー君は、
ギター弾き語りで、わけのわからない言葉を
発したり、形態模写的な声を出したり、
さらにはホーミーとは違うんだけど、
二つ声が出てたり。
すごい良かったです。

次のa qui avec Gabriel × K.micalも、
これまた素敵なアコーディオンとピアニカの
即興。混沌として中々形の見えない音楽が、
段々と形を成して、壊されていく感じ。
ずっと聞いてたい。
演奏中とそうじゃないときと、全然雰囲気の違う
イカレ女たちで、大好きです。

なにか一緒にやろうと思って連絡先教えたけど、
メアド間違えて教えちゃった! どーしよーっ


さて。
イーガルとロヮゾー・ナイフは、ベースよいちとの
二人編成という、驚き。
全編ほぼ、ぶっつけな、やり逃げ上等イーガルでした。

セットリスト

カッコいいバンド
壁のうた
夢破れし並木道
古い歌
小さなカンタータ

語尾がイオンの歌
鍵がない

即興 お題:お金がない、時間がない、月並みな動物園
即興 お題:サロンパスが臭い

jet go go


わ。意外と10曲もやってました。
しかも、即興が雑だったり、まさかの、
カッコいいバンド、二人編成だったり、
たのしくて仕方ないライブでした。

クォリティーとしてはものすごく反省が多いけど、
何か殻を破れたような、新しい感じを得たライブでした。



さて。
明日の人形劇フェスの稽古に向かうっ!
[PR]
by takekiygalmuto | 2011-03-03 15:06 | 日記