作曲家/ピアニスト 武藤健城(イーガル)の公演情報などなど日々の白昼夢。


by takekiygalmuto

<   2013年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

新年明けまして、最初のイベントは落語会でした。
落語やりました。僕は、「風呂敷」をやったわけですが、
落語は本当に難しい。そして、もっとちゃんとやってみたくなりました。

そして、11日にはtoRmansionの「Do Done Bar 土壇場」を見てきました。
いやぁ、toRmansionが新たな境地を見せた、というか、今まで見たことのないtoRが見られました。
刺激的だった!!

そして13日には鈴ん小屋にて久しぶりのイーガルとロヮゾー・ナイフ。
楽しかったなァ。14日は六本木のショーレストラン香和にて美桜座新春特別公演「初茜」に出演。
せりあがる舞台、空飛ぶ花魁、華やかすぎるダンスショーの中でピアノを弾くというのは、
本当に楽しくて、特別な日でした。
すごい雪の中、ご来場ありがとうございました!

15日には、ちょいと四万温泉に行きまして1泊。豪華な休日。
16日は、伊香保の方へ回って、榛名湖に行ってみたら、全部凍っておりました。
滞在15分で、アイスバーンの上をガタガタ走るバスに乗って伊香保へ戻り、
すごい寒い中、露天風呂へ。
もう何だか、この虚無感。これはこれで楽しかった。

さてさて、これからの予定ですが。
1月はこんな感じ。



2013年1月19日(土)
『あやちクローデル×イーガル、蜂鳥姉妹で煉獄新春シャンソンショウ』
浅草 銀幕ロック
出演:蜂鳥姉妹+佐藤真也(Pf.)、あやちクローデル×イーガル
19:00
料金:2000円


2013年1月24日(木)『セクシー大サーカスvol.13』
サラヴァ東京
前売2500円 当日3000円
18:30 オープン 19:30 スタート
出演:サンキュー手塚、浪漫堂、ハレルヤ・シスターズ、イーガル、セクシーDAVINCI


2013年1月24日(木)『リエゾンTV』
20~21時
MC:金剛地武志
ゲスト:イーガル、青木友紀
Ustreamの番組リエゾンTVに出演します。


2013年1月25日(金)
『あやちクローデル×イーガル、酒井俊』
綜合藝術茶房喫茶茶会記
http://gekkasha.modalbeats.com/
19時開場
20時開演
酒井俊 
市野元彦(g.) あやちクローデル 
イーガル(Pf.) 
3,000円(1ドリンク付)


2013年1月27日(日)
『噂の朗読会 ラジオのようにvol.3』
18:00 open
19:00 start
2000円+ドリンク代
渋谷 リエゾンカフェ
出演:鈴木佐知、イーガル
ゲスト:逢坂泰精

みんな大好き「ラジオのように」!素敵な魅力いっぱいのラジオの世界を、架空のラジオ番組「鈴木佐知のフランス名詩選」として上演いたします。



来てね! ねっ!
[PR]
by takekiygalmuto | 2013-01-19 02:16 | 日記

告知や見た映画のこと。

遅ればせながら新年あけましておめでとうございます。
今年も相変わらず頑張ります。

さてさて、本日は仕事始め。
音楽かとおもいきや、の落語からのスタートです。

2012年1月5日(土)
「新春落語会」
新宿カールモール
16:30 Open 17:00 Start
料金:2000円(1dr付き)落語は投げ銭
出演者 イーガル、Puff Puff 絵実、センチメンタル岡田、齋藤翠、マダム

一部ではみんな各10分以内の落語披露、そして、二部はライブしますよ!
初笑い!
初笑われ!

2013年1月13日(日)
『ポップの境界線vol.7』
場所: 池袋 鈴ん小屋
前売2500円 当日3000円(共に1ドリンク付)
18:30 オープン
19:00 スタート
オープニングアクト:Marie Horn
出演:イーガルとロヮゾー・ナイフ、Hunting Doney Holes、Puff Puff、アクサンテギュー

全国各地で開催されたポップの境界線が東京に帰ってくる!
怪しくて華やかで気狂いで…今回もポップなのか違うのか境界線ギリギリのアーティストたちの夢の競演!
来てね、3ヶ月に一度くらいしかやらないイーガルバンドが素敵な共演者を呼び集めまくったのです。
とにかく、来てください! 予約待ってるっ
待ってる!!


さてさて年末はライブが続く中、合間を縫って
007 スカイフォールを見ました。
いやー、久々に素敵な007だった!
原点回帰というか、往年のスタイル。
そして、Mがすごい活躍するってもう!!
最高でした。

29日まではライブ続きだったけど、30日から仕込みはじめて31日は毎年恒例の
友達がたくさん来る年越し。
今年も無事済みました。

年が明けてぐだーっとしてたわけですが
幾つか家で映画を見てて
さらに昨日は、「レ・ミゼラブル」を見に行った。
もーぅ、すごいいい映画だった!
僕、ちょっとミュージカルって苦手なところがあるんだけども、
理由が、劇場で歌うには声の抑揚がつけづらいっていうのもあるとは思うんだけど、
ちょっと感情表現に乏しいような気がしていて、
が、しかし、この映画化は、全編演じながら同時に歌も撮っている。
ということで、ささやき声や感情を露わにした声、音が外れていたり、しゃべるようだったり、
歌う、ということがセリフよりもより感情を持って訴えてくるような気がした。
僕の嫌いな部分が無い、というか、ミュージカルが持っている架空の世界の中に、
変わらぬ人間のリアリティというものがあったような気がして、とてもいい映画でした。
特に、アン・ハザウェイが良かったなー。
ていうか、こういうミュージカル映画は素晴らしいし、革命的な気がしました。
[PR]
by takekiygalmuto | 2013-01-05 10:42 | 日記