作曲家/ピアニスト 武藤健城(イーガル)の公演情報などなど日々の白昼夢。


by takekiygalmuto

<   2013年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

今週土曜日!

昨日、27日のライブの詳細をアップしたわけですが、
何と! 次々と出演者が増え、4組になりました~
わー! 何だか、すごく楽しそう!
っていうか、すごく楽しい!
僕と蜂鳥スグルに加えて、
回文を歌う、超面白い回文ブルースが出てくれます!
そして、素敵なタップダンサー、米澤一平君も出てくれます!

ということで、改めて詳細です~
来てね、来てね!!


2013年4月27日(土)
『星屑のもと、打ち棄てられたピアノを囲んでvol.1』
開場:18時30分
 スタート:19時00分
 終了予定:22時00分

出演者:
イーガル
蜂鳥スグル
回文ブルース
米澤一平

料金:
チャージ1500円、1ドリンク注文制(1ドリンク、500円~)

会場:
 名称:Arena下北沢(http://arena.nomouze.jp/)
 住所:東京都世田谷区北沢2-2-14 モアイ茶沢4階
     ※ライブハウス「MOSAiC」のビル4階です。
 電話:03-6450-7957

あまり使われていないARENA下北沢のピアノ ・・・
普段は、その存在も意識されず、、、
たまにふざけて弾かれるくらい。。。

しかし、今夜は、本来の姿を見せ、本来の音色を奏でます。
[PR]
by takekiygalmuto | 2013-04-23 15:46 | 日記

本を読み耽る。

忙しすぎて読書をする気にならない、という時期は過ぎて、
最近はリハーサルや稽古に行く電車の中や、ちょっとヒマな時間に
本を読んでいる。
先月までは長大なファンタジー小説かとおもいきや軍記ものだった氷の炎の歌、というアメリカの
小説を読んでいたわけですが、
今月に入ってからは思想やルポルタージュを読んでいる。


この4年に一度くらいのペースで、オリンピック並にやってくる自分だけの哲学ブーム。
哲学の本は、そんなに早いペースで読めないから、吟味して何を読むか決めるわけですが、
今回は、ルソーの「孤独な散歩者の夢想」を最初に読んだ。
世間から迫害された哲学者ルソー、最後の著書は、老いと孤独の中で、自分の正当性を美しい文章で
綴るという内容で、哲学という感じは全くなく、思想というか、むしろエッセイ。
自分の生き方の肯定、長大な言い訳という感じがして楽しかった。
ルソーは、人類史上最大の言い訳名人なのではないか、という感想。


続いて、ショウペンハウエルの「自殺について」
これまたルソー同様、何となくネガティブ。発想の元がネガティブでありつつ、
そこから生きる意味を見出そうとする。
が、しかし、全部が全部ネガティブファンタジー小説を読んでいるような楽しさで、
読み物として大変秀逸。10代の頃は、もう少し真剣にショウペンハウエルを読んだ気がするけれど、
今読んでみたら、素晴らしく面白いファンタジーのような気がした。
ただし、有効性という意味では、あまりないのかもしれない、とも思う。
これも哲学というよりは、思想な気がしました。


続いては、ルポルタージュというか何というか…
最相葉月の「絶対音感」を読んだ。
読む気はなかったけれど、貰ったので読んでみた。
この本が売れたときは、ちょっと斜に構えて読みもしなかったけど。
音楽家の持つ絶対音感とは何なのか、というようなルポなわけですが、
知り合いが答えていたり、人によって絶対音感の感じ方が違ったり、と
なかなか、絶対音感の感じ方サンプル集として面白く読めた。
自分のもつ絶対音感の感じ方と本に出てくる感じ方の相違に、ほうほう、と思ったり、
そうは言っても、あまりにも子供の頃から普通にまわりにあった絶対音感というものの存在に
目新しさもなく、全体的に新しいことを知るには至らなかった。
けれど、一般の人にとって、絶対音感というものの存在は新鮮だっただろうし、
未知の世界なのかもしれない。
これだけの音楽家の絶対音感感じ方サンプルを集めたというだけで価値があると思う。
が、しかし、後半は絶対音感の話からは大きく逸脱して五嶋みどりと五嶋龍のちょっとお涙頂戴的な
話になって終わっていったのが、全然意味が分からなかった。


そして、デイヴィッド・ヒュームの「人間本性論」
これは、何というか、ドイツ哲学のキリスト教思想を基礎にしたものに対して、
ものすごくアングロサクソン的なアプローチで、
人間の思考がどういうものか、ということを書いてある本。
ヒュームの哲学は素晴らしい。
けれど、いつもヒュームを読んだことを忘れて、一度はヒュームを読まなきゃ!って思っているのに
読み始めたら、読んだことを思い出す。
ということで今回で4回目の読了。
何度読んでも、本当に理解してるとは言えない僕ですが、これからも読んだことを忘れて、
定期的に読んでしまうと思う!

さてさて、次は何を読もうかな。
[PR]
by takekiygalmuto | 2013-04-22 15:44 | 日記
急遽決定!
本当に1週間前くらいに突如決まった、僕と蜂鳥スグルのツーマン。
場所もはじめてのところで、不安もいっぱい。
そして、お客さんが来てくださるのか、心配!
だから、みなさん来てね! ね!

2013年4月27日(土)
『星屑のもと、打ち棄てられたピアノを囲んでvol.1』
開場:18時30分
 スタート:19時00分
 終了予定:22時00分

出演者:
イーガル(ピアノ 兼 ボーカル、MC)
蜂鳥すぐる(ボーカル)

料金:
チャージ1500円、1ドリンク注文制(1ドリンク、500円~)

会場:
 名称:Arena下北沢(http://arena.nomouze.jp/)
 住所:東京都世田谷区北沢2-2-14 モアイ茶沢4階
     ※ライブハウス「MOSAiC」のビル4階です。
 電話:03-6450-7957

あまり使われていないARENA下北沢のピアノ ・・・
普段は、その存在も意識されず、、、
たまにふざけて弾かれるくらい。。。

しかし、今夜は、本来の姿を見せ、本来の音色を奏でます。




その次の日、日曜日は異色おっさん演歌歌手KENKENの伴奏で鈴ん小屋にでます。
コンカオリさんとか田渕純さんとか一緒で、楽しみです!


2013年4月28日(日)『歌謡曲ジャンボリーVOL8』
池袋 鈴ん小屋
出演:田渕純、コンカオリ、PEACOCK BABIES、二代目スケチヨ、KENKEN
DJ:鳥井賀句
【開場/開演】18:30/19:00
【Ticket】前¥2000/当¥2500(D代別途)
【ご予約】
Emailとお電話(03-6382-7273/午後4時~23時まで)にて受付させていただきます。件名に【4/28(日)歌謡曲ジャンボリーVOL8予約】とご記入の上、本文にお名前とご希望の出演者名、電話番号、希望枚数を添えて下記までお送りください。折り返し確認のご連絡を差し上げます。ありがとうございます。ringoya@arrow.ocn.ne.jp(前日23:00まで受付)
[PR]
by takekiygalmuto | 2013-04-22 08:43 | 日記
4月6日、7日とサラヴァ東京で「toRmansionとイーガルのマジカル・ミステリー・ツアー」をやりました。
当初は30分の新作を作る予定が、なんと90分の新作というなかなかハードな内容。

しかもミステリーと銘打ってしまったので、これまたミステリー仕立てという。
稽古が始まってみたら、toRのはなびさんから振付が。ピアノを弾いたり歌ったりするだけかと思ったら、
アクロバットをしたり、振付があったり、今までやったことのないショーを作ることになった。

30分ずつの3部に分かれていて、これが進むに連れて、設定が変わっていく。
メタ感あふれる構成。
お客さんに伝わるのか不安な部分もありつつ、でも、お客さんはすごく楽しんでくれていて、良かった!

なんだろう、こんなに長い作品を短期間で作るというのも初体験だったし、
遊侠サーカスだったり、バーバラ村田とのデュオだったり、他の人たちとのコラボだったり、
今まで作ってきた作品の作り方とは全く違うtoRmansionの作品作り。
新鮮で、勉強になったし、作品を作り上げる過程のすごさを感じつつ稽古をしてました。

そして、本番。

楽しかったなァー。
toRさんたちすごいなぁ、と思いつつ、足を引っ張ったんじゃないかと、不安を感じつつ、
それでも、ものすごく楽しく終了!
またやりたい。すごくいい作品になったと思います。

サラヴァ東京のオーナーのあっちゃんからも、ポエジーがあって笑いがあって、アクロバットや音楽があって、
次々に観客を裏切っていくショーは、フランスにはあったけれど日本にはなかった!
ここにあったー!って感じよー。
って言ってもらえて、感動した。
自分たちがやったことが、そういう世界基準の中でも、もしかしたら戦えるのかもしれない。
そう思ったら、もっともっと頑張ろうと思った。


見てくださった皆様、ありがとう!
そして、これからもよろしく!


きっとどこかで再演。
ね!
[PR]
by takekiygalmuto | 2013-04-12 22:37 | 日記
いよいよ、今週末にやってきます、
toRmansionとイーガルのマジカル・ミステリー・ツアー。
必死に稽古してます。
そしてなんと90分の壮大な物語が組み上げられつつあります。
toRさんたちも僕も新しいことをしています。
つまり、ほとんど全編が新作になっているという、当初の予定よりも
規模の大きな新作になっております。

僕はかなりアクロバットもしたり、ピアノを弾いたり。

ぜひ来てね!
予約はHPからでもtwitterでもコメントでもサラヴァ東京に直接でも
何でも受け付けております!

予約の名前と枚数、どの公演かを教えてね!




2013年4月6日(土)7日(日)
『toRmansionとイーガルのマジカル・ミステリー・ツアー』

コラボ満載、新作満載。30分の新作コラボを引っさげて、
おかしくて美しくて切ない物語のオンパレード。
心揺さぶられる展開はマジカル。謎が謎を呼ぶミステリー。
これはまさに豪華なツアー!
そして、ついには、事件が勃発…。犯人は誰だ…。
toRmansionとイーガルがお届けする前代未聞のミステリーツアー。

ミステリー・ツアーにでかけよう! ミステリー・ツアーにみんなで行こう!
欲しいものは何でもあるよ
ほらほら、ひとたび来れば楽しいことは絶対さ
ミステリー・ツアーに出かけよう!

『toRmansionとイーガルのマジカル・ミステリー・ツアー』
●出演:toRmansion、イーガル
●会場:サラヴァ東京
●スケジュール:2013年4月6日(土) A 13:00開演(15:00終演)
                  7日(日) B 14:00開演(16:00終演)
                        C 18:30開演(20:00終演)
                       ※開場は開演の30分前
●チケット料金: 前売3,000円 当日3,500円(共にドリンク込)
●予約・問い合わせ:03-6427-8886(サラヴァ東京)
[PR]
by takekiygalmuto | 2013-04-02 21:09 | 日記