作曲家/ピアニスト 武藤健城(イーガル)の公演情報などなど日々の白昼夢。


by takekiygalmuto

ただいま。

フランスから帰ってきました。

オリヤックのフェスティバル、3日目、4日目も頑張りました。
特に4日目のかたわれは、直前まで結構激しい雨が降っていて、中止を告げるために現場へ。
しかし、そこには小さな女の子が待っていて、雨も小ぶりになってきたので、
急いで機材を準備してやることに。

とても内向的で、優しいかたわれでした。

そして夜は遊侠サーカス。
終わったときには達成感に満たされるのかなぁ、と思ったけれど、
何となく終わっていって、何となくフェスティバル終了。
この感慨の無さは何なのだろうと思ったら、
遊侠サーカスは一日目にブラボー!の連続で初日が開けた。
その時の、不安が払拭された瞬間に、もう何かが達成されていたのかもしれない。
それに比べて苦しんだかたわれは、3日目に初めてブラボーとたくさんの拍手。
3日目にして初日が開けました。
そして、雨の中での4日目のかたわれ。

何だか苦しんだ分だけ4日目に救われたような気がした。
それに比べて遊侠サーカスは安定していた。
1日目からの安定感が、最後に達成感を感じなかった要因だと思う。
けれど、手応えはあった。
フランスで、自分たちのパフォーマンスは、構成も技術もある程度のレベルで戦えるんだなぁ、と
思った。

飛行機での移動、車での長距離移動、宿泊先のよるべなさ、シャワーが冷たい水、食べ物がジャガイモばかり。などなど、厳しい環境もたくさんあったけれど、
まぁ、何となく自分の力がフランスで試せたというのは、大きな収穫だと思いました。

んでもって、帰ってきてからは、時差ボケ。ボケボケしながら過ごしています。

そして、遊侠サーカスは9月4日(火)ヘブンアーティストの第二次審査です。
13:40~14:00 都庁の広場にて。

来てね、そして応援してね!

合格できますように!
[PR]
by takekiygalmuto | 2012-08-31 12:49 | 日記