作曲家/ピアニスト 武藤健城(イーガル)の公演情報などなど日々の白昼夢。


by takekiygalmuto

ミュシャ展に行っていない現状で出来ることについて。

日比谷カタンさんと蜂鳥スグル×イーガルでおおくりした東海ツアー、
何とも楽しかったです。東京でやればいいのに、なんて言われても
あるんですよ、あのツアー独特の一体感と一回きりの開き直り感。
でもね、大丈夫、安心して。
次のライブは東京です。

5月27日土曜日
『飛び道具最前線~梅雨前線を防衛せよ』
東中野ALT_SPEAKER19:00開場 19:30 開演唄:あやちクローデル、蜂鳥スグル
ピアノ:イーガル、大和田千弘3000円+ドリンク代

なんですよ。ほらほら、みんないらしてください。待ってます。
待っても来ないのがゴドー、待てば来るのがお客さま!今思いついた名言です。

さてこの一週間何してたんだろう、と考えると、まずはやはり東海ツアーですよね、そして他にも
リハーサルや何やら、毎日違うスケジュールで動くことが通常、という状態は相変わらず、
そんなこんなで、ミュシャ展に行けないまま、展覧会が終焉に向かいつつあることに一抹の不安を感じております。


拝啓ムハさま

ミュシャ、チェコ語ではムハ。
そんなあなたのことを知ったのはバブルの匂いが残る90年代初頭でしたね。
あの新宿の路上、コンサバ女が手渡してくるチラシと
「ミュシャ売ってまーす、無料ですのでご覧になるだけでも結構でーす」
という心の底からどうでも良いと思っているような声。
ラッセンの絵と同じくらい頻繁に見かけました。
そんな画家なんだ、とまだ10代の僕は決め込んで
あなたのことを頭の片隅にも止めることさえありませんでした。
ねえ、ムハ
いつの間にあんなにでかい絵を描いたの
ねえ、ムハ
810×610って号数、ちょっと大きすぎるんじゃない
ねえ、ムハ
あなたにいつ会えるの
ねえ、ムハ、ムハ、ムハ…

敬具

イーガル



ということで、ミュシャのことなんて全然考えてこなかった人生ですが
今回の展覧会は本当にすごい、と様々なところから情報だけが入ってきます。
情報だけ、かと思いきや、図録まで頂いてしまいました。
でも図録を見ていても全く分からないサイズ感。
どういう状況になるんだろう、と想像しているうちに
どうやら一部屋だけ撮影OKな部屋があることを知りました。
それならば、ミュシャの絵に出て来る人のコスプレをしようと
試行錯誤の毎日です。

c0077204_20373232.jpg

この絵は「イヴァンチツェの兄弟団学校」のごく一部なんですが、
真中から少し左よりの人、この人にならなれるんじゃないか、と。

c0077204_20374086.jpg


現状こんな感じです。
まだまだブラッシュアップが必要ですね。

はやく行きたいです、ミュシャ展。
巨大な絵は、もはや建造物。
構図がどうとか、そういうことではなくて、
体感型アトラクションとして、積極的に乗っかっていこうと思います。
日々精進。いい言葉です。
ザルを持って入場可能かどうか、一抹の不安はあるのですが、
一応準備だけはしていきたいな、と考えております。

みなさん、お気づきでしょうか、僕がブログに写真をアップできるようになったことに。
ここに至るまで約半年、試行錯誤の上、写真までアップできるようになりました。
ありがとうございます。

今日は大変実のあるブログでしたね。
みなさん覚えてください。
美術や音楽などやや難解と思われる芸術に対して
受動的ではいけません、能動的に日常生活に取り入れていきましょう。
結果、どじょうすくいになったとしても…



さあさあ、土曜日のライブお待ちしております。
6月はまた6月でバンバン素敵なものが続くんですが、
それはまたミュシャ展に行ったあとに書きます。





[PR]
by takekiygalmuto | 2017-05-25 21:00 | 日記