人気ブログランキング |

作曲家/ピアニスト 武藤健城(イーガル)の公演情報などなど日々の白昼夢。


by takekiygalmuto

月と踊り子

静岡のあそviva!劇場にて
バーバラ村田とイーガルの「月と踊り子」初演をして参りました。

何だか沼津ではながめくらしつが出演していたり、
静岡でも僕たちの公演終了15分後には、チャタさんとSafiちゃんのショーがあったりと、
てんこ盛りな静岡でした。

ながめくらしつからのバーバライーガルからのチャタサフィというツワモノも結構いたのではないでしょうか。


月と踊り子は、バーバラがもともとソロでやっていた演目。
それを今回、別の形で舞台作品にしよう、ということになりました。

漠然とした音楽イメージを具体的な音楽にしていく、という作業は大変ですが、
結構好きなんです。
ゼロから物を作り出すよりも、ある程度の枠組みがあって、その中でできることややるべきことを探すという作業。
なんていうんでしょうか、
必ず正解があるはずで、それを見つける作業というのでしょうか。
ゼロからものを作る場合、正解がない可能性があるわけです。
やってみたけど、
全部無駄、みたいな…。
でも、ある程度の全体像が見えている場合、必ずその作品における正解は存在していて、
その正解を探すというのが、
心地よかったりします。
砂山から砂金探し出すみたいな、途方もない確率でも必ず答えがある、という安心感は何事にも代えがたいと思うのです。

今回、月と踊り子は新しいバージョンが出来上がりました。
ご覧いただいた皆様ありがとうございました。
そして、これから色々見えた課題を修正しつつ、長く演じられる作品にしていきたいと思っております。




さて。
大道芸もやりました。
「かたわれ」をですね、静岡の中心地、札の辻でやったときのことです。
何やら巨大スクリーンがありましてですね、5分に1回くらい
「最終決戦!」
って言うCMが流れるんです。
あらやだ、どうしよう、と思いましたが、
僕は決めたんです。
「今日のテーマは共存。」

ということでCMの音と目まぐるしく晴れと雨に変わる天気と、帽子と譜面台を飛ばす強風と共存しながらやりました。
何だか楽しかったです。


プロである以上どんな条件でもそれをプラスにしなければいけない、と改めて思いました。
精進します。



3月後半から6月くらいまで告知できるものがいくつかあるはずなので、
近々出演情報ちゃんと更新しようと思います。



by takekiygalmuto | 2019-03-20 19:44 | 日記