作曲家/ピアニスト 武藤健城(イーガル)の公演情報などなど日々の白昼夢。


by takekiygalmuto

東京ゴールデンタイム☆

東京ゴールデンタイムact.1
2008年2月1日(金)
19:30~
at 7th Foor
出演:ソワレ、イーガル、セロンカプリス(風間水希&日高恵)
ゲスト:さかもと未明
ピアノ:エトワール板橋 ベース:うのしょうじ パーカッション:藤崎卓也


僕の歌ったのは以下の通りです。

時の過ぎゆくままに

月がとっても青いから
星より遠い
幼年
めぐり逢い



☆☆☆

相当バタバタしたまま当日を向かえ、ライブ中もかなりバタバタしてしまい申し訳ありませんでした。
ソワレさんと僕でこのイベントを始めることになったのは、もう半年以上前。それなのに色々なバタバタやイベント会場の都合等御座いまして、最終的には当初予定していた「オペレッタ的な何か」が、「トークと歌のイベント」を経由して、「普段歌わない歌を歌うライブ」となりました。
最初は、僕とソワレさんの芸能関係の知人、友人の中から毎回ゲストを呼んでトークと歌、という形を取ろうかな、と思ってたんだけど、結局は、元松竹歌劇団の風間水希ちゃんと女優の日高恵ちゃんに頼んで、4人でやろう、という感じになりました。
今回の活動から二人は「セロンカプリス」という名前で活動を始め、
この四人がレギュラー。そして、ゲストはさかもと未明さん。

絶対統一感の無さが出る・・・という懸念はあったものの強行突破。
次回からは、もっと統一感のある形でやりたいとすでに考えてます。
で、次回は4月3日か4日の予定です☆

僕が歌ったのは「月がとっても青いから」。おおたか清流のアレンジバージョンでやってみました。
「星より遠い」は谷山浩子の曲。「幼年」はオリジナルで、「めぐり逢い」は朱里エイコの曲。
ただ、谷山浩子と朱里エイコの曲はあんまり有名な曲じゃなかったから、次回はもっと有名どころをやってみようかな、とも思っています。
今回は、セロンカプリスの二人からキャンディーズの「やさしい悪魔」をアレンジして、って言われていたので、ジャズアレンジをしてみました。原曲のイメージよりも大人っぽい、アダルトなやさしい悪魔。何か聞いてて楽しかったな~。
二人の抜群のハーモニーは素晴らしいです。
未明さんも存在が素敵。ホント素敵な人なんです。一緒にやれてよかった♪
そして、ソワレさんは、僕が尊敬する歌手の一人。
やっぱりトリはソワレさんじゃなきゃ。
カッコ良かったです。

次回もすでに楽しみ☆
頑張ります♪

ご来場くださいましてありがとうございました☆
[PR]
by takekiygalmuto | 2008-02-04 03:25 | 日記