作曲家/ピアニスト 武藤健城(イーガル)の公演情報などなど日々の白昼夢。


by takekiygalmuto
先週末の浜松、名古屋でのライブ、ご来場ありがとうございました。
大変楽しくやれました。

だがな、君たち、今週末も名古屋に僕は行くのだぞ!

2017年2月3日(金)
『セクシー大サーカスin名古屋』
19:00 オープン 19:45 スタート
今池 つるのり
1500円+飲食代
出演:セクシーDAVINCI、イーガル


なんてこと!大サーカスとか言ってるわりに、二人きりよ!
頑張るしか無いね!来てね!



ということで今週も無事に告知終了。




皆さん、気づいておられるでしょうか。
ハヤカワ文庫が新刊を出す度に、最近、トールサイズという文庫本よりも
少し縦長なサイズになっていることに。
トールサイズだなんて、もうそのネーミングセンスがどうよ。
気づいてますか、あななたち(ハヤカワの人たち)
去年だったかのハヤカワ・SFコンテストの選評の中で、
登場する物のネーミングについてある作品にものすごく文句をつけておりました。
安直なネーミングで本当に良いのか、と。
えぇ、そんなコンテストを開催しているハヤカワ書房がトールサイズです。安直。
スタバかよ。

散々言っておりますように、僕はSF好きですよね、そうですね、
ハヤカワSF文庫たくさん買うわけですよ。(ハヤカワ文庫トールサイズの文句を言ってすみません。ちゃんと買ってます。)
でね、ブックカバーを使ってるんですが、ハヤカワトールサイズはブックカバーに入らないわけです。
困るよね。何あのサイズ。
文句は色々あるのですが、それよりもハマっていることがあります。

レジに本を持って行った時に
「カバーはかけますか?」
と聞かれたときに、
「ハヤカワだけカバーかけてください」
と、言うのです。

さあここで問われるのが書店員の資質。
「あぁ、なるほどね、この人本をたくさん読んでるんだわ、普段はブックカバーを使ってるけど、
ハヤカワトールサイズは入らないものねー、納得納得。」
と瞬時に察知して「私ちゃんと分かってますよ」雰囲気で対応してくれる書店員とのシンパスィー。
このノンバーバルコミュニケーション。
だがしかし、大抵の書店員は一瞬、「え?」という動作の停止、からのどれがハヤカワかな、という
おぼつかない手つき。
大体、2割くらいの書店員が本を読んでる人っぽい対応をしてくれます。残り8割がおぼつかない。

そこでですね、本屋大賞ですよ。
全国の書店員が選んだベスト本だと!? 読んでないだろ、書店員。
私は信用していません、本屋大賞。


そうです、先週僕の好きなSFのことを書こうかな、と言っておりました僕ですが、
一体どんな経緯でSFを読み始めたのか気になって気になって、昨今とみに考えていたのですが、
やっと昨日、西新宿の高層ビル街の木枯らしに吹かれて歩いているときに
雷鳴のように蘇ってきたのです、あのときのことが!

そうそれは中学生の時でした。
小学生の頃からカフカだとか安部公房だとか幻想文学というかシュールレアリスムというか
何だかそういうグロテスクで不条理に満ち溢れた小説を主に読んでおりました。
もちろん、教科書的な優良図書も漱石だとか太宰だとか芥川だとか読んではいたんですが、
(どうなの、太宰ってさ、何で学生の推薦図書に入ってるの!?あと、ヘッセの「車輪の下」も学校的にどうなの、と思うんだけど)好きなのは澁澤龍彦や生田耕作の翻訳したものでした。
中でもフランスのアンドレ・ピエール・ド・マンディアルグは一番のお気に入りで何度も何度も今でも読み返しております。



中学生の僕は、今日も学校帰りに本屋に寄っておりました。何かいい本無いかな、ドストエフスキーの別のやつ別のやつ…、とウロウロしていたのですが何とドストエフスキーの「白痴」の上巻だけが品切れだと。
困った僕は純文学もシュルレアリスムもちょっと置いといて何か別のものを読んでみよう、と思ったわけです。
但し、僕の好みは「小説内世界が小説内で完結している」ものだとはっきり分かっていたので、読後の余韻やら、現実世界へのコミットメントなどちっとも興味が無かったのです。
「こういうこと現実にもあるよねー」とかいう読者の共感は僕の求めるところではなかったわけです。
そうなると、小説内世界の根底を勝手に定義してその前提の上に物語を書くジャンル、そう、それこそがSF。
サイエンスフィクション!全く嘘八百を並べ立てて、さもそんな世界や理論があるかのごとく世界を創造するサイエンスフィクション!
僕は思ったね、これだ、と。

だけど、困った。まだ、この頃にはインターネットもそんなに普及していないし、スマホなんかも持って無い。
CDだってジャケ買いと店員のオススメポップを頼りにアタリとハズレの繰り返し。そんな時代ですもの。
本屋さんで突然SFを読もうと思っても予備知識の無い中学生の僕は何を選べばいいのか、さっぱり分からない。
そこで見つけたんだね、平積みになっているSFを。
クリストファー・プリーストの「逆転世界」。
何だか夢中で読んで、そして今でも覚えているラストの衝撃。
今から思えば最良のSFとは言い難いかもしれないけれど、初めて読むSFとしてはとても良かったのではないかと思います。
そしてそこから始まる怒涛のSF小説乱読。名作と呼ばれるものはほとんど全部読んで読んで読みまくって、
さて、何が僕の好きなSFでしょう。
もう、長くなったから、次回に書くことにします。

高校生になってからは、「ブレードランナー」「未来世紀ブラジル」「2001年宇宙の旅」「鏡」等SF映画やシュルレアリスムの映画をたくさん見て、リアルタイムでは「フィフスエレメント」「12モンキーズ」「エイリアン4」、フランスのエンキ・ビラルの「ティコ・ムーン」にアニメーションの「ゴッド・ディーバ」…もう数え切れないくらいのSFやファンタジー映画を見ました。
どうしてこう、何ていうんだろう、あまり明るくない未来像に惹かれるのでしょう。
退廃、というのでしょうか、そういうものに滅びの美しさを感じます。
明るい話など好きじゃない、等とは思わないけれど、好むものは暗い話が多いようです。

スペースオペラみたいな壮大なSFも好きなんだけどね。

ということで、今回は
書店員と僕のノンバーバルコミュニケーションについてのどうでもいい考察でした。

# by takekiygalmuto | 2017-02-01 17:45 | 日記

本を買うこと。

順調に週一以上の更新を続けている僕です、こんにちは。

先週末はライブ3日連続ご来場ありがとうございました。
明日と明後日は、

2017年1月27日(金)『蜂鳥スグル、イーガル、おどるなつこ』

開場18:00/開演19:00
予約2500円/当日3000円(共に1ドリンク別)
出演:蜂鳥スグル(シャンソン)、イーガル(ピアノ)、おどるなつこ(タップ)
浜松 エスケリータ



2017.1.28(土)蜂鳥スグル × イーガル × おどるなつこ
開場15:00/開演15:30

ライブチャージ:¥2,500(ドリンク別)

出演:蜂鳥スグル(シャンソン)、イーガル(ピアノ)、おどるなつこ(タップ)

ご予約:こちらのページに参加表明 or
    電話:ボクモ 052-253-6950(平日18:00以降)or
    メール: eventアットマーク(@に変換)bokumo.jp
    表題「蜂鳥スグルライブ」、
    人数とお名前と連絡先電話番号を添えて。


そして、さらに夜は、東京に帰ってきて、アマランスラウンジで緑川ミラノさんの誕生日いぇい!

要するに明日から土曜日、家に着くまで浜松、名古屋、渋谷と弾丸ツアーですね、そうですね。頑張ります。


いつもライブの告知をちゃんと書こうと思っているのに先に無駄なことばかり書いてしまうので
今日は先に告知を書きました。
大変よく出来ました。



ここから先はどうでもいいことを書いていこうと思います。
僕は本は買う派です。あんまり図書館で本を借りません。
別に本を借りることがいけないことだとは思わないのですが、
どこかにいる誰かが書いた物に対価を払うことをしたいと思うのです。
それは僕も作り手であるからかもしれませんが、それ以上に本が好きだからです。
それに、タダだと何かほら、まぁ読んでつまらなかったらそれでいいや的な心構え、
読む、という行為に対するワタクシの心の乱れが、嗚呼…。

ハインライン曰く「(読者は)一杯のビールを飲む金を節約して、私の小説を買ってくださるのだから、喜んでもらえるだけの内容じゃなくてはいけないと思う」

そういう気持ちで本を買っています。面白いか面白くないか、好みか好みじゃないかは賭けですが、
あー、こりゃビール飲めばよかったわー、という残念さも享受してこその読書人。ワタクシはそうありたいと思うわけです。

ってなわけで、家の中には本が溢れています。
相当整理しても、やっぱり買うから増えてきますね。
CDも買うから増えてきますね。
映画は見に行くから増えてきませんね。まぁお得!

僕は思うんです。
本の欠点。
終わりが近づいてくるとページ数が少なくなってくるから、
もうすぐ終わるな、と分かってしまうわけですね。
あらやだ、あと30ページくらいだけど、ここでどんでん返し来るの!?
とか、犯人見つかる!? このページ数でいけんのアンタ!
とあらぬ心配事に気を取られてしまいます。特にミステリの場合。

何で、ミステリ好きの人ってミステリーとは言わずにミステリって言うんでしょうね、疑問です。
僕は大してミステリは好きではないのですが、一応たくさん読んでます。
でもやっぱりSFが好きです。
そうだね、僕の好きなSFのことを今度書こうと決めた。


どうでもいいことを読んでくれてありがとう。
さらにどうでもいいけど、
映画見に行きたいよね、何かいい映画やってないかしら。
「ラ・ラ・ランド」見たいけどまだやってないですね。


ライアン・ゴズリング好きです。「ラースと、その彼女」がすごくいい映画でした。
知恵遅れの青年がダッチワイフを彼女だと思いこんで生活する素敵な村の話です。

「ラ・ラ・ランド」は何だかカラフルな車の上で踊ったり、歌ったり、楽しそうなので、
早く見たいです。
# by takekiygalmuto | 2017-01-26 20:57 | 日記

北京の秋

さて、週一でブログを更新することを目標にしている今年の僕ですが、
タイトル考えるって面倒くさいね。
大体、曲のタイトルだって考えるの面倒くさくて後からテキトーにつけたり、
仮でつけていたものがそのまま採用になったりしてしまうのです。

昔、とある作家の方と対談をした時に、タイトルの付け方、という話をしました。
その人はテキトーにつけている、内容と関係ない、とおっしゃっておりました。
わたくしもそうでございます。内容に関係の無いタイトルをつけることが多いです、
さすがにポップスの場合はそういうことしないけれど。

ということで、今日のブログのタイトルです。
ボリス・ヴィアンの小説「北京の秋」。
このタイトルね、小説に出てこないものを考えた時に、北京も秋も出てこなくね?ってことで
つけたらしいです。
小説の中で、北京はまぁまぁ出ないだろうけれど、秋はうっかりすると出てきちゃうこともあるだろうし、
秋を「出てこないもの」としてタイトルにつけるだなんて秀逸です。


まー、どうでもいいですね。
先週のブログで、今は「読まず嫌い作家の本をちょっとずつ読んでいる」と書きましたが、
そんな中の一人、恩田陸さんが直木賞を取りましたね。おめでとうございます。面識ないけれど。
よく考えたら恩田さんの本はたくさん読んでいました。SF系のものがほとんどですが。
最近は恩田陸さんの「ドミノ」と「月の裏側」を読みました。
「ドミノ」はコメディでした。東京駅に同時刻にいるたくさんの人々の群像劇。バイクがものすごい勢いで走って良かったです。
「月の裏側」はSFというかホラーと言うか、内容言うと他のSF名作のネタバレになりますね。古き良きSFという感じで読みました。

あとね、絶対好きじゃない、ていうかこんな作家の本読むわけねーじゃん、と思っていた乙一さん、全俺を代表してあやまります、ごめんなさい。めちゃ、いい作家じゃないか(推定
まだ「銃とチョコレート」という、児童文学1冊と「GOTH」という短編集を読んだだけなんですが、
何かちゃんとしていた。上から目線だけど、ちゃんとしてるぞ、君。
やっぱり、何ていうか、名前がさ、ほら、武者小路実篤とかだったら、内容がちゃんとしてなかったら恥ずかしい感あるでしょ。でも、乙一だよ。オツイチ。武者小路実篤より好みでした。




さて、みなさんが気になっている僕の日常生活ですが、
一日のうち、何をしているのか、を場合分けしてみましょう。

リハ、本番のある日

睡眠
ゲーム
読書
リハ、本番


リハ、本番のない日

睡眠
ゲーム
読書
ピアノ、作曲


ご覧の通り、場合分けの必要は御座いませんでした。
大体、寝てるかゲームしてるか本読んでるかピアノ弾いてるか、そんな感じなんですね、僕は。




さて、本日より3日連続でライブです。
今日は茶会記です。



2017年1月20日(金)『闇夜の音楽綺譚』

四谷三丁目 綜合藝術茶房喫茶茶会記
19:00開場/19:30開演
3,000円(ドリンク代込み)
※入れ替えなし休憩ありの2ステージ構成です

あやちクローデル / うた
イーガル / ピアノ

2017年1月22日 『和製バルカンユニット”JapaLkan”新春ワンマンショー』

【会場】
吉祥寺 曼荼羅

【時間】
開場 19時00分
開演 19時30分

【チケット】
予約 2500円
当日 2800円
※共に当日ドリンクオーダーが必要です。

【Special Guest】

あやちクローデル×イーガル



お気づきの方も多いかと思いますが、3日連続ライブなのに土曜日の情報がないでしょう?
なぜなら、僕も知らないからです。
ケンケンさんという演歌手の方の伴奏です、場所は新宿だと思います。
時間は分かりません、とても面白いのは確かです。



さあ、来週もブログ書けるかな。
何か、書ける気がしてきたよ、俺は。
# by takekiygalmuto | 2017-01-20 12:55 | 日記

詩とか小説とか。

1月以降のライブスケジュール更新しました。

これ。ぽちってしてね


2016年は色々な詩人の詩に曲をつけたりしましたが、僕は詞を書きますが詩は書けません。
何となくみんな使い分けているような気がする、詩と詞。僕も何となく使い分けておりますが。

ポップスの歌詞の場合には、詞と言います。つまりどういうことなんでしょう。
詞は音楽ありきの言葉の連なりなんでしょうか。


詩は、僕にとって2つのものに分けられます。
音楽をつけられるものとつけられないもの。
どちらがどうすぐれている、というわけではないのですが、
なぜか、つけやすい詩とつけにくい詩があります。
詩人によってもあるのですが、同じ詩人でもつけられない詩があります。
なぜ、つけられないのかは分からない。けれど、全然その詩から音楽が浮かんでこないのです。

詩は、言葉の場合と、音楽の場合があるのではないか、と僕は考えております。
言葉の詩は言葉なので音楽をつける余地がある。
音楽のような詩は音楽なので、そこに音楽をつけるのは難しい。
全く勝手な概念で、僕自身がそう思うからそう思うとしか言いようのないことではありますが、
そんな感じで今年も作曲をしていこうと思います。



どーでもいいんだけどね、音楽を題材にした小説ってどんなのがある?
と友達に聞かれました。

えーー。
何があったかなァ。

と色々考えたのですが浮かんでくるのが、アホみたいに長く難解な本ばかりで全然オススメできませんでした。

トーマス・マン「ファウスト博士」
マルセル・プルースト「失われた時を求めて」
カズオ・イシグロ「充たされざる者」

の3冊(いや、3冊とかじゃないな、失われた時を求めては15巻くらいあるし、ファウスト博士も上中下巻だし)しか浮かばないとか、どんだけ時代にのれてないの、俺。


きっと、聞いた人も何となく軽い気持ちでちょっと気軽に読めるようなものを探してたんだと思うのに、
ことのほか、黙り込んで考えてしまった僕に
「あ、ごめん、思いついたときでいいよー」
とか言ってくれたからイイんだけど、少しだけ思いついたから、書いておきます。

お前、読むかな、このブログ。読まねー、だろーな。
最近のやつで(僕的には)、気軽に読めそうなやつね。


いしいしんじ「麦ふみクーツェ」
奥泉光「鳥類学者のファンタジア」
中井紀夫「山の上の交響曲」


「麦ふみクーツェ」は童話みたいな話です。何だかみんなで頑張って演奏します。

「鳥類学者のファンタジア」はジャズ的な話です、ちなみにファンタジアはクラシック用語では幻想曲。幻想曲とは、自由にどんな風に書いてもいいよ、という形式のこと。
クラシックは形式を重視しますが「何をやってもいいよ形式」というアウトローなものも形式として内在させてしまうところに伝統音楽の懐の深さを感じます。あ、全然関係ない話書いちゃったや。

「山の上の交響曲」は1万年かかって演奏が終わる交響曲を演奏しはじめて300年目くらいの人たちの話。ほのぼのした短編です。

あぁ、どれもこれも何となくSFな話ばかりになってしまいました。
それはどうしても僕がSF好きだからです。
今年もたくさんSFを読もうと思っております。
でも今は食わず嫌いだった作家の作品をひとつずつ読んでみようと思ってます。
あの人とかあの人とか、絶対好きじゃないだろ、と思ってる作家のうち10人に1人くらい、もしかしたら好きになるかも。

さて。
今週はブログちゃんと書いたね。


来週も書けるかな。
# by takekiygalmuto | 2017-01-11 11:23 | 日記

今年の目標。

今年は週一でブログを更新しようと思います。
あと出演スケジュールもちゃんと書けたらいいな、と思ってます。


がんばる。


多分無理だけど。




# by takekiygalmuto | 2017-01-09 21:45 | 日記
明日、僕の書いたモノオペラを東京初演いたします。
2年前長崎で初演して以来の再演です。

さらに新作の連作歌曲などなど盛りだくさんかつコンパクトな演奏会です。
是非とも来てください。

渾身の演奏会です。

2016年6月3日(金)

「シアトリカルソングス」
~武藤健城作曲モノオペラ
「雨の夜、ひとりの女が」東京初演

予約2500円(1d込)
当日3000円(1d込)
2回通し券4000円(1d込)
※両公演共演目は同じです。

出演: 蔵田みどり(ソプラノ)、イーガル(作曲、ピアノ)、岩本拓郎(ピアノ)、大石将紀(サックス)

A公演
18:30開場 19:00 開演
B公演
20:45開場 21:00 開演

演目
3つのアダージョ〜エミリー・ディッキンソンの詩による
歌曲集「教科書通り」
モノオペラ「雨の夜、ひとりの女が」


場所: 四谷三丁目 総合芸術喫茶茶会記
http://gekkasha.modalbeats.com/
〒160-0015 新宿区大京町2-4 1F
お電話 03-3351-7904
(営業時間のみ応対可)
開場時間中では電話応対が難しいので事前のご連絡を)
メール sakaiki@modalbeats.com
# by takekiygalmuto | 2016-06-02 11:22 | 日記

本ばかり読んでいる。

ジュリアン・グラックの「シルトの岸辺」を10年振りくらいに読んでなんだか、「失われた時を求めて」を読んでいるような気分になった。

しょうがないので、気分を変えてSFでもと思って、
広瀬正の「ツィス」を読んだらこれがもうなんだか素晴らしくて、物語全編を通して破綻しているように見える物語、途中で物語から忘れ去られたような登場人物たちがラスト一気に絡み合って終わってゆく。久々に快作を読んだ気持ちになった。こと音楽家に関係のある話なのでそういうことも興味深く読んだ。
再読するんだろうな、きっと。

SFを読んだら、今度はシュルレアリスムを読みたくなってアポリネールの短編集をこれまた久しぶりに読む。美しい不条理。

今は夢分析の本を読んでいます。
決して夢占いではありません。
夢を見る意味、の本。
読み終えたら、毛嫌いしていたフロイトを読もうかしらん、と思ったり思わなかったり。



今日は久しぶりに有意義な一日でした。
リハーサルから、素敵な喫茶店巡り。
こういう時間の流れがゆっくりした日は
大切だな、と思いました。

# by takekiygalmuto | 2016-03-18 03:59

やったね。

すごい。
ブログを月2回更新するという目標を達成いたしました。

今月は、六本木の新世界がクローズするということで、
あやちイーガル、新世界最後の出演が25日にあります。
ぜひともお越しください。
最後の新世界のステージ、楽しみたいと思います。





2016年3月25日(金)『春の嵐の夜のあと』

場所:六本木 新世界

出演
エミ・エレオノーラ(ミャージシャン、舞台女優。)
あやちクローデル(唄)×
イーガル(ピアノ)+
米澤一平(タップダンス)

開場/18:30
開演/19:00

【料金】
予約/¥3000+ドリンクオーダー
当日/¥3500+ドリンクオーダー
# by takekiygalmuto | 2016-03-11 13:54 | 日記

国立新美術館で。

国立新美術館で文芸フェスというものに出演しました。

ダンサーの池上直子さんと共に作ったジョルジュ・サンドとショパンの蜜月を30分のダンス作品にしました。
何とも楽しい制作でスラスラと作品が出来まして、本番。楽しかった。

第二部では、森山大道さん、町口覚さん、柴崎友香さんのトークショー。
帰り道、柴崎さんと少しお話をして帰ったけれど、
そのときに、三人称で書かれているものが、一体誰から誰に向けて書かれているのか、
気になる、というようなことを柴崎さんがおっしゃっていて、
確かに気になる。
何に向けてその物語が語られているのか、しかもそこに語られる価値があるのか、ということは
小説に取って大きなことなのかもしれないな、と思った。


今僕は、一人称の小説を読み終えて、やはり同じように、一人称であっても、語り手はわかるけれど
誰に向かって物語を語っているのか、その必要性はあるのか、ということが気になってしまった。

ちなみに読んでいたのはジュリアン・グラックの『シルトの岸辺』だったのですが。

語られる、ということの必然性は一体どこにあるのだろう。
直接的な回答としては、読者に向けて、となるかもしれないけれど、
それでは一つ階層を飛び越えている気がする。
人称は別として、その物語が読者に向けてではなく、ある誰かに向けて語られていて、
それを読者が受け止める、という順番なのではないかと思うのだけれど、
常に、物語の向けられている相手が浮遊している。
作家の人たちはその溝というか、向けられる対象をどのように考えているのか、
またお会いする機会があったら、柴崎さんと話してみたいな、と思いました。



あ。
スケジュール更新しました。
あんまり仕事がない。
ヤバい。
# by takekiygalmuto | 2016-03-11 13:50 | 日記

読書をしています。

ドゥルーズ「哲学の教科書」
フーコー「フーコーコレクション 政治学・統治学」
フッサール「デカルト的省察」
ニーチェ「この人を見よ」
ハイデッガー「形而上学入門」
ウエルヴェック「素粒子」
ウエルヴェック「地図と領土」
リルケ「若き詩人への手紙・ある女性への手紙」

この1ヶ月くらいに読んだ本。
再読ばかり。
リルケは高校時代ぶりに読むと、なんだか美しく、薄い本なのに読むのに時間がかかった。
あらためてリルケすげーな、見知らぬ人からきた手紙にこんなにちゃんと答えるなんて、人格者だわ!と、思ったりして。


まぁ、相変わらずブログ書いてませんね。
今年の目標は月2回はブログを書く事しにます。(時すでに遅し)



# by takekiygalmuto | 2016-03-07 20:00 | 日記